万葉集204番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集204番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集204番について

歌番号

204番

原文

安見知之|吾王|高光|日之皇子|久堅乃|天宮尓|神随|神等座者|其乎霜|文尓恐美|晝波毛|日之盡|夜羽毛|夜之盡|臥居雖嘆|飽不足香裳

訓読

やすみしし|我が大君|高照らす|日の御子|ひさかたの|天つ宮に|神ながら|神といませば|そこをしも|あやに畏み|昼はも|日のことごと|夜はも|夜のことごと|伏し居嘆けど|飽き足らぬかも

かな読み

やすみしし|わがおほきみ|たかてらす|ひのみこ|ひさかたの|あまつみやに|かむながら|かみといませば|そこをしも|あやにかしこみ|ひるはも|ひのことごと|よるはも|よのことごと|ふしゐなげけど|あきたらぬかも

カタカナ読み

ヤスミシシ|ワガオホキミ|タカテラス|ヒノミコ|ヒサカタノ|アマツミヤニ|カムナガラ|カミトイマセバ|ソコヲシモ|アヤニカシコミ|ヒルハモ|ヒノコトゴト|ヨルハモ|ヨノコトゴト|フシヰナゲケド|アキタラヌカモ

ローマ字読み|大文字

YASUMISHISHI|WAGAOHOKIMI|TAKATERASU|HINOMIKO|HISAKATANO|AMATSUMIYANI|KAMUNAGARA|KAMITOIMASEBA|SOKOSHIMO|AYANIKASHIKOMI|HIRUHAMO|HINOKOTOGOTO|YORUHAMO|YONOKOTOGOTO|FUSHIINAGEKEDO|AKITARANUKAMO

ローマ字読み|小文字

yasumishishi|wagaohokimi|takaterasu|hinomiko|hisakatano|amatsumiyani|kamunagara|kamitoimaseba|sokoshimo|ayanikashikomi|hiruhamo|hinokotogoto|yoruhamo|yonokotogoto|fushiinagekedo|akitaranukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|弓削皇子|殯宮|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

やすみしし[寛],
わがおほきみ,[寛]わかおほきみの,
たかてらす[寛],
ひのみこ,[寛]ひのわかみこは,
ひさかたの[寛],
あまつみやに,[寛]あめのみやに,
かむながら,[寛]かみのまに,
かみといませば,[寛]かみといませは,
そこをしも,[寛]それをしも,
あやにかしこみ[寛],
ひるはも[寛],
ひのことごと,[寛]ひのつき,
よるはも[寛],
よのことごと,[寛]よのつき,
ふしゐなげけど,[寛]ふしゐなけけと,
あきたらぬかも[寛],

巻数

第2巻

作者

置始東人

タイトルとURLをコピーしました