万葉集110番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集110番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集110番について

歌番号

110番

原文

大名兒|彼方野邊尓|苅草乃|束之間毛|吾忘目八

訓読

大名児を彼方野辺に刈る草の束の間も我れ忘れめや

かな読み

おほなこを|をちかたのへに|かるかやの|つかのあひだも|われわすれめや

カタカナ読み

オホナコヲ|ヲチカタノヘニ|カルカヤノ|ツカノアヒダモ|ワレワスレメヤ

ローマ字読み|大文字

OHONAKO|OCHIKATANOHENI|KARUKAYANO|TSUKANOAHIDAMO|WAREWASUREMEYA

ローマ字読み|小文字

ohonako|ochikatanoheni|karukayano|tsukanoahidamo|warewasuremeya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|石川郎女|大津皇子|大名兒|歌語り|序詞|植物

校異

特に無し

寛永版本

おほなこを[寛],
をちかたのへに[寛],
かるかやの[寛],
つかのあひだも,[寛]つかのあひたも,
われわすれめや[寛],

巻数

第2巻

作者

日並皇子|草壁皇子

タイトルとURLをコピーしました