万葉集205番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集205番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集205番について

歌番号

205番

原文

王者|神西座者|天雲之|五百重之下尓|隠賜奴

訓読

大君は神にしませば天雲の五百重が下に隠りたまひぬ

かな読み

おほきみは|かみにしませば|あまくもの|いほへがしたに|かくりたまひぬ

カタカナ読み

オホキミハ|カミニシマセバ|アマクモノ|イホヘガシタニ|カクリタマヒヌ

ローマ字読み|大文字

OHOKIMIHA|KAMINISHIMASEBA|AMAKUMONO|IHOHEGASHITANI|KAKURITAMAHINU

ローマ字読み|小文字

ohokimiha|kaminishimaseba|amakumono|ihohegashitani|kakuritamahinu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|弓削皇子|殯宮|現人神

校異

特に無し

寛永版本

おほきみは[寛],
かみにしませば,[寛]かみにしませは,
あまくもの[寛],
いほへがしたに,[寛]いほへのしたに,
かくりたまひぬ,[寛]かくれたまひぬ,

巻数

第2巻

作者

置始東人

タイトルとURLをコピーしました