万葉集150番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集150番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集150番について

歌番号

150番

原文

空蝉師|神尓不勝者|離居而|朝嘆君|放居而|吾戀君|玉有者|手尓巻持而|衣有者|脱時毛無|吾戀|君曽伎賊乃夜|夢所見鶴

訓読

うつせみし|神に堪へねば|離れ居て|朝嘆く君|放り居て|我が恋ふる君|玉ならば|手に巻き持ちて|衣ならば|脱く時もなく|我が恋ふる|君ぞ昨夜の夜|夢に見えつる

かな読み

うつせみし|かみにあへねば|はなれゐて|あさなげくきみ|さかりゐて|あがこふるきみ|たまならば|てにまきもちて|きぬならば|ぬくときもなく|あがこふる|きみぞきぞのよ|いめにみえつる

カタカナ読み

ウツセミシ|カミニアヘネバ|ハナレヰテ|アサナゲクキミ|サカリヰテ|アガコフルキミ|タマナラバ|テニマキモチテ|キヌナラバ|ヌクトキモナク|アガコフル|キミゾキゾノヨ|イメニミエツル

ローマ字読み|大文字

UTSUSEMISHI|KAMINIAHENEBA|HANAREITE|ASANAGEKUKIMI|SAKARIITE|AGAKOFURUKIMI|TAMANARABA|TENIMAKIMOCHITE|KINUNARABA|NUKUTOKIMONAKU|AGAKOFURU|KIMIZOKIZONOYO|IMENIMIETSURU

ローマ字読み|小文字

utsusemishi|kaminiaheneba|hanareite|asanagekukimi|sakariite|agakofurukimi|tamanaraba|tenimakimochite|kinunaraba|nukutokimonaku|agakofuru|kimizokizonoyo|imenimietsuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|天智天皇|近江朝挽歌|鎮魂|復活|魂よばひ|大津|滋賀県|地名

校異

特に無し

寛永版本

うつせみし[寛],
かみにあへねば,[寛]かみにたへねは,
はなれゐて[寛],
あさなげくきみ,[寛]あさなけくきみ,
さかりゐて,[寛]はなれゐて,
あがこふるきみ,[寛]わかこふるきみ,
たまならば,[寛]たまならは,
てにまきもちて[寛],
きぬならば,[寛]きぬならは,
ぬくときもなく,[寛]ぬくときもなみ,
あがこふる,[寛]わかこふる,
きみぞきぞのよ,[寛]きみそきそのよ,
いめにみえつる,[寛]ゆめにみえつる,

巻数

第2巻

作者

婦人

タイトルとURLをコピーしました