万葉集178番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集178番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集178番について

歌番号

178番

原文

御立為之|嶋乎見時|庭多泉|流涙|止曽金鶴

訓読

み立たしの島を見る時にはたづみ流るる涙止めぞかねつる

かな読み

みたたしの|しまをみるとき|にはたづみ|ながるるなみた|とめぞかねつる

カタカナ読み

ミタタシノ|シマヲミルトキ|ニハタヅミ|ナガルルナミタ|トメゾカネツル

ローマ字読み|大文字

MITATASHINO|SHIMAOMIRUTOKI|NIHATAZUMI|NAGARURUNAMITA|TOMEZOKANETSURU

ローマ字読み|小文字

mitatashino|shimaomirutoki|nihatazumi|nagarurunamita|tomezokanetsuru

左注|左註

右日本紀曰|三年己丑夏四月癸未朔乙未薨

事項|分類・ジャンル

挽歌|草壁皇子|柿本人麻呂|島嬥宮|殯宮挽歌|飛鳥|地名

校異

特に無し

寛永版本

みたたしの,[寛]みたちせし,
しまをみるとき[寛],
にはたづみ,[寛]にはたつみ,
ながるるなみた,[寛]なかるるなみた,
とめぞかねつる,[寛]とめそかねつる,

巻数

第2巻

作者

舎人

タイトルとURLをコピーしました