万葉集109番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集109番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集109番について

歌番号

109番

原文

大船之|津守之占尓|将告登波|益為尓知而|我二人宿之

訓読

大船の津守が占に告らむとはまさしに知りて我がふたり寝し

かな読み

おほぶねの|つもりがうらに|のらむとは|まさしにしりて|わがふたりねし

カタカナ読み

オホブネノ|ツモリガウラニ|ノラムトハ|マサシニシリテ|ワガフタリネシ

ローマ字読み|大文字

OHOBUNENO|TSUMORIGAURANI|NORAMUTOHA|MASASHINISHIRITE|WAGAFUTARINESHI

ローマ字読み|小文字

ohobuneno|tsumorigaurani|noramutoha|masashinishirite|wagafutarineshi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|石川郎女|津守通|占媿|歌語り|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

おほぶねの,[寛]おほふねの,
つもりがうらに,[寛]つもりのうらに,
のらむとは,[寛]つけむとは,
まさしにしりて[寛],
わがふたりねし,[寛]わかふたりねし,

巻数

第2巻

作者

大津皇子

タイトルとURLをコピーしました