万葉集106番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集106番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集106番について

歌番号

106番

原文

二人行杼|去過難寸|秋山乎|如何君之|獨越武

訓読

ふたり行けど行き過ぎかたき秋山をいかにか君がひとり越ゆらむ

かな読み

ふたりゆけど|ゆきすぎかたき|あきやまを|いかにかきみが|ひとりこゆらむ

カタカナ読み

フタリユケド|ユキスギカタキ|アキヤマヲ|イカニカキミガ|ヒトリコユラム

ローマ字読み|大文字

FUTARIYUKEDO|YUKISUGIKATAKI|AKIYAMAO|IKANIKAKIMIGA|HITORIKOYURAMU

ローマ字読み|小文字

futariyukedo|yukisugikataki|akiyamao|ikanikakimiga|hitorikoyuramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大津皇子|伊勢神宮|悲劇|歌語り|斎宮|見送り|羈旅|三重|地名

校異

特に無し

寛永版本

ふたりゆけど,[寛]ふたりゆけと,
ゆきすぎかたき,[寛]ゆきすきかたき,
あきやまを[寛],
いかにかきみが,[寛]いかにかきみか,
ひとりこゆらむ[寛],

巻数

第2巻

作者

大伯皇女

タイトルとURLをコピーしました