万葉集188番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集188番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集188番について

歌番号

188番

原文

<旦>覆|日之入去者|御立之|嶋尓下座而|嘆鶴鴨

訓読

朝ぐもり日の入り行けばみ立たしの島に下り居て嘆きつるかも

かな読み

あさぐもり|ひのいりゆけば|みたたしの|しまにおりゐて|なげきつるかも

カタカナ読み

アサグモリ|ヒノイリユケバ|ミタタシノ|シマニオリヰテ|ナゲキツルカモ

ローマ字読み|大文字

ASAGUMORI|HINOIRIYUKEBA|MITATASHINO|SHIMANIORIITE|NAGEKITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

asagumori|hinoiriyukeba|mitatashino|shimanioriite|nagekitsurukamo

左注|左註

右日本紀曰|三年己丑夏四月癸未朔乙未薨

事項|分類・ジャンル

挽歌|草壁皇子|柿本人麻呂|島嬥宮|殯宮挽歌|飛鳥|地名

校異

且->旦【金】【類】【古】【紀】

寛永版本

あさぐもり,[寛]あさくもり,
ひのいりゆけば,[寛]ひのいりゆけは,
みたたしの,[寛]みたちせし,
しまにおりゐて[寛],
なげきつるかも,[寛]なけきつるかも,

巻数

第2巻

作者

舎人

タイトルとURLをコピーしました