万葉集229番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集229番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集229番について

歌番号

229番

原文

難波方|塩干勿有曽祢|沈之|妹之光儀乎|見巻苦流思母

訓読

難波潟潮干なありそね沈みにし妹が姿を見まく苦しも

かな読み

なにはがた|しほひなありそね|しづみにし|いもがすがたを|みまくくるしも

カタカナ読み

ナニハガタ|シホヒナアリソネ|シヅミニシ|イモガスガタヲ|ミマククルシモ

ローマ字読み|大文字

NANIHAGATA|SHIHOHINAARISONE|SHIZUMINISHI|IMOGASUGATAO|MIMAKUKURUSHIMO

ローマ字読み|小文字

nanihagata|shihohinaarisone|shizuminishi|imogasugatao|mimakukurushimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|姫島|行路死人|歌語り|大阪|地名

校異

特に無し

寛永版本

なにはがた,[寛]なにはかた,
しほひなありそね[寛],
しづみにし,[寛]しつみにし,
いもがすがたを,[寛]いもかすかたを,
みまくくるしも[寛],

巻数

第2巻

作者

河辺宮人

タイトルとURLをコピーしました