万葉集119番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集119番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集119番について

歌番号

119番

原文

芳野河|逝瀬之早見|須臾毛|不通事無|有巨勢<濃>香問

訓読

吉野川行く瀬の早みしましくも淀むことなくありこせぬかも

かな読み

よしのかは|ゆくせのはやみ|しましくも|よどむことなく|ありこせぬかも

カタカナ読み

ヨシノカハ|ユクセノハヤミ|シマシクモ|ヨドムコトナク|アリコセヌカモ

ローマ字読み|大文字

YOSHINOKAHA|YUKUSENOHAYAMI|SHIMASHIKUMO|YODOMUKOTONAKU|ARIKOSENUKAMO

ローマ字読み|小文字

yoshinokaha|yukusenohayami|shimashikumo|yodomukotonaku|arikosenukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|紀皇女|恋愛|恋嬥停滞|地名

校異

流->濃【西(右書)】【元】【金】【紀】|問【類】【古】【紀】聞

寛永版本

よしのかは[寛],
ゆくせのはやみ[寛],
しましくも,[寛]しはらくも,
よどむことなく,[寛]たゆることなく,
ありこせぬかも[寛],

巻数

第2巻

作者

弓削皇子

タイトルとURLをコピーしました