万葉集126番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集126番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集126番について

歌番号

126番

原文

遊士跡|吾者聞流乎|屋戸不借|吾乎還利|於曽能風流士

訓読

風流士と我れは聞けるをやど貸さず我れを帰せりおその風流士

かな読み

みやびをと|われはきけるを|やどかさず|われをかへせり|おそのみやびを

カタカナ読み

ミヤビヲト|ワレハキケルヲ|ヤドカサズ|ワレヲカヘセリ|オソノミヤビヲ

ローマ字読み|大文字

MIYABIOTO|WAREHAKIKERUO|YADOKASAZU|WAREOKAHESERI|OSONOMIYABIO

ローマ字読み|小文字

miyabioto|warehakikeruo|yadokasazu|wareokaheseri|osonomiyabio

左注|左註

大伴田主字曰仲郎|容姿佳艶風流秀絶|見人聞者靡不歎息也|時有石川女郎|自成雙栖之感恒悲獨守之難|意欲寄書未逢良信|爰作方便而似賎嫗|己提堝子而到寝側|哽音蹢足叩戸諮曰|東隣貧女将取火来矣|於是仲郎|暗裏非識冒隠之形|慮外不堪拘接之計|任念取火就跡歸去也|明後女郎|既恥自媒之可愧|復恨心契之弗果|因作斯歌以贈謔<戯>焉

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴田主|贈答|掛醎合媿|歌語り

校異

特に無し

寛永版本

みやびをと,[寛]たはれをと,
われはきけるを[寛],
やどかさず,[寛]やとかさす,
われをかへせり[寛],
おそのみやびを,[寛]おそのたはれを,

巻数

第2巻

作者

石川女郎

タイトルとURLをコピーしました