万葉集197番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集197番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集197番について

歌番号

197番

原文

明日香川|四我良美渡之|塞益者|進留水母|能杼尓賀有萬思|[一云|水乃与杼尓加有益]

訓読

明日香川しがらみ渡し塞かませば流るる水ものどにかあらまし|[一云|水の淀にかあらまし]

かな読み

あすかがは|しがらみわたし|せかませば|ながるるみづも|のどにかあらまし|[みづの|よどにかあらまし]

カタカナ読み

アスカガハ|シガラミワタシ|セカマセバ|ナガルルミヅモ|ノドニカアラマシ|[ミヅノ|ヨドニカアラマシ]

ローマ字読み|大文字

ASUKAGAHA|SHIGARAMIWATASHI|SEKAMASEBA|NAGARURUMIZUMO|NODONIKAARAMASHI|[MIZUNO|YODONIKAARAMASHI]

ローマ字読み|小文字

asukagaha|shigaramiwatashi|sekamaseba|nagarurumizumo|nodonikaaramashi|[mizuno|yodonikaaramashi]

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|明日香皇女|殯宮|飛鳥|地名

校異

特に無し

寛永版本

あすかがは,[寛]あすかかは,
しがらみわたし,[寛]しからみわたし,
せかませば,[寛]せかませは,
ながるるみづも,[寛]なかるるみつも,
のどにかあらまし,[寛]のとにかあらまし,
[みづの,
よどにかあらまし

巻数

第2巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました