万葉集148番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集148番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集148番について

歌番号

148番

原文

青旗乃|木旗能上乎|賀欲布跡羽|目尓者雖視|直尓不相香裳

訓読

青旗の木幡の上を通ふとは目には見れども直に逢はぬかも

かな読み

あをはたの|こはたのうへを|かよふとは|めにはみれども|ただにあはぬかも

カタカナ読み

アヲハタノ|コハタノウヘヲ|カヨフトハ|メニハミレドモ|タダニアハヌカモ

ローマ字読み|大文字

AOHATANO|KOHATANOHEO|KAYOFUTOHA|MENIHAMIREDOMO|TADANIAHANUKAMO

ローマ字読み|小文字

aohatano|kohatanoheo|kayofutoha|menihamiredomo|tadaniahanukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|天智天皇|近江朝挽歌|一書|幻想|大津|滋賀県|地名

校異

特に無し

寛永版本

あをはたの[寛],
こはたのうへを[寛],
かよふとは[寛],
めにはみれども,[寛]めにはみれとも,
ただにあはぬかも,[寛]たたにあはぬかも,

巻数

第2巻

作者

倭皇后

タイトルとURLをコピーしました