万葉集120番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集120番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集120番について

歌番号

120番

原文

吾妹兒尓|戀乍不有者|秋芽之|咲而散去流|花尓有猿尾

訓読

我妹子に恋ひつつあらずは秋萩の咲きて散りぬる花にあらましを

かな読み

わぎもこに|こひつつあらずは|あきはぎの|さきてちりぬる|はなにあらましを

カタカナ読み

ワギモコニ|コヒツツアラズハ|アキハギノ|サキテチリヌル|ハナニアラマシヲ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKONI|KOHITSUTSUARAZUHA|AKIHAGINO|SAKITECHIRINURU|HANANIARAMASHIO

ローマ字読み|小文字

wagimokoni|kohitsutsuarazuha|akihagino|sakitechirinuru|hananiaramashio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|紀皇女|恋歌|磐姫皇后歌|反実仮想|散る花|植物

校異

特に無し

寛永版本

わぎもこに,[寛]わきもこに,
こひつつあらずは,[寛]こひつあらすは,
あきはぎの,[寛]あきはきの,
さきてちりぬる[寛],
はなにあらましを[寛],

巻数

第2巻

作者

弓削皇子

タイトルとURLをコピーしました