万葉集122番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集122番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集122番について

歌番号

122番

原文

大船之|泊流登麻里能|絶多日二|物念痩奴|人能兒故尓

訓読

大船の泊つる泊りのたゆたひに物思ひ痩せぬ人の子故に

かな読み

おほぶねの|はつるとまりの|たゆたひに|ものもひやせぬ|ひとのこゆゑに

カタカナ読み

オホブネノ|ハツルトマリノ|タユタヒニ|モノモヒヤセヌ|ヒトノコユヱニ

ローマ字読み|大文字

OHOBUNENO|HATSURUTOMARINO|TAYUTAHINI|MONOMOHIYASENU|HITONOKOYUENI

ローマ字読み|小文字

ohobuneno|hatsurutomarino|tayutahini|monomohiyasenu|hitonokoyueni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|紀皇女|恋歌

校異

特に無し

寛永版本

おほぶねの,[寛]おほふねの,
はつるとまりの[寛],
たゆたひに[寛],
ものもひやせぬ,[寛]ものおもひやせぬ,
ひとのこゆゑに[寛],

巻数

第2巻

作者

弓削皇子

タイトルとURLをコピーしました