万葉集87番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集87番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集87番について

歌番号

87番

原文

在管裳|君乎者将待|打靡|吾黒髪尓|霜乃置萬代日

訓読

ありつつも君をば待たむうち靡く我が黒髪に霜の置くまでに

かな読み

ありつつも|きみをばまたむ|うちなびく|わがくろかみに|しものおくまでに

カタカナ読み

アリツツモ|キミヲバマタム|ウチナビク|ワガクロカミニ|シモノオクマデニ

ローマ字読み|大文字

ARITSUTSUMO|KIMIOBAMATAMU|UCHINABIKU|WAGAKUROKAMINI|SHIMONOKUMADENI

ローマ字読み|小文字

aritsutsumo|kimiobamatamu|uchinabiku|wagakurokamini|shimonokumadeni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|仁徳天皇|律令|情詩|閨房詩|大阪|伝承|仮託|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

ありつつも[寛],
きみをばまたむ,[寛]きみをはまたむ,
うちなびく,[寛]うちなひき,
わがくろかみに,[寛]わかくろかみに,
しものおくまでに,[寛]しものおくまてに,

巻数

第2巻

作者

磐姫皇后

タイトルとURLをコピーしました