万葉集140番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集140番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集140番について

歌番号

140番

原文

勿念跡|君者雖言|相時|何時跡知而加|吾不戀有牟

訓読

な思ひと君は言へども逢はむ時いつと知りてか我が恋ひずあらむ

かな読み

なおもひと|きみはいへども|あはむとき|いつとしりてか|あがこひずあらむ

カタカナ読み

ナオモヒト|キミハイヘドモ|アハムトキ|イツトシリテカ|アガコヒズアラム

ローマ字読み|大文字

NAOMOHITO|KIMIHAIHEDOMO|AHAMUTOKI|ITSUTOSHIRITEKA|AGAKOHIZUARAMU

ローマ字読み|小文字

naomohito|kimihaihedomo|ahamutoki|itsutoshiriteka|agakohizuaramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|依羅娘子|離別|石見相聞歌|上京|地方官|島根|地名|悲別

校異

特に無し

寛永版本

なおもひと,[寛]おもふなと,
きみはいへども,[寛]きみはいへとも,
あはむとき[寛],
いつとしりてか[寛],
あがこひずあらむ,[寛]わかこひさらむ,

巻数

第2巻

作者

柿本人麻呂

タイトルとURLをコピーしました