万葉集153番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集153番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集153番について

歌番号

153番

原文

鯨魚取|淡海乃海乎|奥放而|榜来船|邊附而|榜来船|奥津加伊|痛勿波祢曽|邊津加伊|痛莫波祢曽|若草乃|嬬之|念鳥立

訓読

鯨魚取り|近江の海を|沖放けて|漕ぎ来る船|辺付きて|漕ぎ来る船|沖つ櫂|いたくな撥ねそ|辺つ櫂|いたくな撥ねそ|若草の|夫の|思ふ鳥立つ

かな読み

いさなとり|あふみのうみを|おきさけて|こぎきたるふね|へつきて|こぎくるふね|おきつかい|いたくなはねそ|へつかい|いたくなはねそ|わかくさの|つまの|おもふとりたつ

カタカナ読み

イサナトリ|アフミノウミヲ|オキサケテ|コギキタルフネ|ヘツキテ|コギクルフネ|オキツカイ|イタクナハネソ|ヘツカイ|イタクナハネソ|ワカクサノ|ツマノ|オモフトリタツ

ローマ字読み|大文字

ISANATORI|AFUMINOMIO|OKISAKETE|KOGIKITARUFUNE|HETSUKITE|KOGIKURUFUNE|OKITSUKAI|ITAKUNAHANESO|HETSUKAI|ITAKUNAHANESO|WAKAKUSANO|TSUMANO|OMOFUTORITATSU

ローマ字読み|小文字

isanatori|afuminomio|okisakete|kogikitarufune|hetsukite|kogikurufune|okitsukai|itakunahaneso|hetsukai|itakunahaneso|wakakusano|tsumano|omofutoritatsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|天智天皇|鎮魂|近江朝挽歌|大津|滋賀県|地名

校異

特に無し

寛永版本

いさなとり[寛],
あふみのうみを[寛],
おきさけて[寛],
こぎきたるふね,[寛]こきくるふね,
へつきて,[寛]へにつきて,
こぎくるふね,[寛]こきくるふね,
おきつかい[寛],
いたくなはねそ[寛],
へつかい[寛],
いたくなはねそ[寛],
わかくさの[寛],
つまの[寛],
おもふとりたつ[寛],

巻数

第2巻

作者

倭皇后

タイトルとURLをコピーしました