万葉集125番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集125番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集125番について

歌番号

125番

原文

橘之|蔭履路乃|八衢尓|物乎曽念|妹尓不相而|[三方沙弥]

訓読

橘の蔭踏む道の八衢に物をぞ思ふ妹に逢はずして|[三方沙弥]

かな読み

たちばなの|かげふむみちの|やちまたに|ものをぞおもふ|いもにあはずして

カタカナ読み

タチバナノ|カゲフムミチノ|ヤチマタニ|モノヲゾオモフ|イモニアハズシテ

ローマ字読み|大文字

TACHIBANANO|KAGEFUMUMICHINO|YACHIMATANI|MONOZOMOFU|IMONIAHAZUSHITE

ローマ字読み|小文字

tachibanano|kagefumumichino|yachimatani|monozomofu|imoniahazushite

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|物思媿|植物

校異

特に無し

寛永版本

たちばなの,[寛]たちはなの,
かげふむみちの,[寛]かけふむみちの,
やちまたに[寛],
ものをぞおもふ,[寛]ものをそおもふ,
いもにあはずして,[寛]いもにあはすて,

巻数

第2巻

作者

三方沙弥

タイトルとURLをコピーしました