万葉集232番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集232番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集232番について

歌番号

232番

原文

御笠山|野邊徃道者|己伎太雲|繁荒有可|久尓有勿國

訓読

御笠山野辺行く道はこきだくも繁く荒れたるか久にあらなくに

かな読み

みかさやま|のへゆくみちは|こきだくも|しげくあれたるか|ひさにあらなくに

カタカナ読み

ミカサヤマ|ノヘユクミチハ|コキダクモ|シゲクアレタルカ|ヒサニアラナクニ

ローマ字読み|大文字

MIKASAYAMA|NOHEYUKUMICHIHA|KOKIDAKUMO|SHIGEKUARETARUKA|HISANIARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

mikasayama|noheyukumichiha|kokidakumo|shigekuaretaruka|hisaniaranakuni

左注|左註

右歌笠朝臣金村歌集出

事項|分類・ジャンル

挽歌|霊亀1年9月年紀|志貴皇子|奈良|地名

校異

特に無し

寛永版本

みかさやま[寛],
のへゆくみちは[寛],
こきだくも,[寛]こきたくも,
しげくあれたるか,[寛]しけくあれたるか,
ひさにあらなくに[寛],

巻数

第2巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました