万葉集158番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集158番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集158番について

歌番号

158番

原文

山振之|立儀足|山清水|酌尓雖行|道之白鳴

訓読

山吹の立ちよそひたる山清水汲みに行かめど道の知らなく

かな読み

やまぶきの|たちよそひたる|やましみづ|くみにゆかめど|みちのしらなく

カタカナ読み

ヤマブキノ|タチヨソヒタル|ヤマシミヅ|クミニユカメド|ミチノシラナク

ローマ字読み|大文字

YAMABUKINO|TACHIYOSOHITARU|YAMASHIMIZU|KUMINIYUKAMEDO|MICHINOSHIRANAKU

ローマ字読み|小文字

yamabukino|tachiyosohitaru|yamashimizu|kuminiyukamedo|michinoshiranaku

左注|左註

紀曰七年<戊>寅夏四月丁亥朔癸巳十市皇女卒然病發薨於宮中

事項|分類・ジャンル

挽歌|十市皇女|難訓|夢|復活|山中他界

校異

特に無し

寛永版本

やまぶきの,[寛]やまふきの,
たちよそひたる,[寛]さきたるやまの,
やましみづ,[寛]しみつをは,
くみにゆかめど,[寛]くみにゆかめと,
みちのしらなく[寛],

巻数

第2巻

作者

高市皇子

タイトルとURLをコピーしました