万葉集230番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集230番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集230番について

歌番号

230番

原文

梓弓|手取持而|大夫之|得物<矢>手<挾>|立向|高圓山尓|春野焼|野火登見左右|燎火乎|何如問者|玉桙之|道来人乃|泣涙|<W>霂尓落者|白妙之|衣埿漬而|立留|吾尓語久|何鴨|本名言|聞者|泣耳師所哭|語者|心曽痛|天皇之|神之御子之|御駕之|手火之光曽|幾許照而有

訓読

梓弓|手に取り持ちて|ますらをの|さつ矢手挟み|立ち向ふ|高円山に|春野焼く|野火と見るまで|燃ゆる火を|何かと問へば|玉鉾の|道来る人の|泣く涙|こさめに降れば|白栲の|衣ひづちて|立ち留まり|我れに語らく|なにしかも|もとなとぶらふ|聞けば|哭のみし泣かゆ|語れば|心ぞ痛き|天皇の|神の御子の|いでましの|手火の光りぞ|ここだ照りたる

かな読み

あづさゆみ|てにとりもちて|ますらをの|さつやたばさみ|たちむかふ|たかまとやまに|はるのやく|のびとみるまで|もゆるひを|なにかととへば|たまほこの|みちくるひとの|なくなみた|こさめにふれば|しろたへの|ころもひづちて|たちとまり|われにかたらく|なにしかも|もとなとぶらふ|きけば|ねのみしなかゆ|かたれば|こころぞいたき|すめろきの|かみのみこの|いでましの|たひのひかりぞ|ここだてりたる

カタカナ読み

アヅサユミ|テニトリモチテ|マスラヲノ|サツヤタバサミ|タチムカフ|タカマトヤマニ|ハルノヤク|ノビトミルマデ|モユルヒヲ|ナニカトトヘバ|タマホコノ|ミチクルヒトノ|ナクナミタ|コサメニフレバ|シロタヘノ|コロモヒヅチテ|タチトマリ|ワレニカタラク|ナニシカモ|モトナトブラフ|キケバ|ネノミシナカユ|カタレバ|ココロゾイタキ|スメロキノ|カミノミコノ|イデマシノ|タヒノヒカリゾ|ココダテリタル

ローマ字読み|大文字

AZUSAYUMI|TENITORIMOCHITE|MASURAONO|SATSUYATABASAMI|TACHIMUKAFU|TAKAMATOYAMANI|HARUNOYAKU|NOBITOMIRUMADE|MOYURUHIO|NANIKATOTOHEBA|TAMAHOKONO|MICHIKURUHITONO|NAKUNAMITA|KOSAMENIFUREBA|SHIROTAHENO|KOROMOHIZUCHITE|TACHITOMARI|WARENIKATARAKU|NANISHIKAMO|MOTONATOBURAFU|KIKEBA|NENOMISHINAKAYU|KATAREBA|KOKOROZOITAKI|SUMEROKINO|KAMINOMIKONO|IDEMASHINO|TAHINOHIKARIZO|KOKODATERITARU

ローマ字読み|小文字

azusayumi|tenitorimochite|masuraono|satsuyatabasami|tachimukafu|takamatoyamani|harunoyaku|nobitomirumade|moyuruhio|nanikatotoheba|tamahokono|michikuruhitono|nakunamita|kosamenifureba|shirotaheno|koromohizuchite|tachitomari|warenikataraku|nanishikamo|motonatoburafu|kikeba|nenomishinakayu|katareba|kokorozoitaki|sumerokino|kaminomikono|idemashino|tahinohikarizo|kokodateritaru

左注|左註

?右歌笠朝臣金村歌集出

事項|分類・ジャンル

挽歌|霊亀1年9月年紀|志貴皇子|奈良|地名

校異

失->矢【西(左朱書)】【金】【紀】|狭->挾【矢】【京】|V->W【金】【類】|落者【金】【類】落

寛永版本

あづさゆみ,[寛]あつさゆみ,
てにとりもちて[寛],
ますらをの[寛],
さつやたばさみ,[寛]ともやたはさみ,
たちむかふ[寛],
たかまとやまに[寛],
はるのやく[寛],
のびとみるまで,[寛]のひとみるまて,
もゆるひを[寛],
なにかととへば,[寛]いかにととへは,
たまほこの[寛],
みちくるひとの[寛],
なくなみた[寛],
こさめにふれば,[寛]こさめにふれは,
しろたへの[寛],
ころもひづちて,[寛]ころもひつちて,
たちとまり[寛],
われにかたらく[寛],
なにしかも,[寛]いつしかも,
もとなとぶらふ,[寛]もとのなとひて,
きけば,[寛]ききつれは,
ねのみしなかゆ,[寛]ねのみしそなく,
かたれば,[寛]かたらへは,
こころぞいたき,[寛]こころそいたき,
すめろきの[寛],
かみのみこの,[寛]かみのおほみこの,
いでましの,[寛]おほむたの,
たひのひかりぞ,[寛]たひのひかりそ,
ここだてりたる,[寛]ここたてりたる,

巻数

第2巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました