万葉集124番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集124番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集124番について

歌番号

124番

原文

人皆者|今波長跡|多計登雖言|君之見師髪|乱有等母|[娘子]

訓読

人皆は今は長しとたけと言へど君が見し髪乱れたりとも|[娘子]

かな読み

ひとみなは|いまはながしと|たけといへど|きみがみしかみ|みだれたりとも

カタカナ読み

ヒトミナハ|イマハナガシト|タケトイヘド|キミガミシカミ|ミダレタリトモ

ローマ字読み|大文字

HITOMINAHA|IMAHANAGASHITO|TAKETOIHEDO|KIMIGAMISHIKAMI|MIDARETARITOMO

ローマ字読み|小文字

hitominaha|imahanagashito|taketoihedo|kimigamishikami|midaretaritomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|三方沙弥|恋歌|渧ぐ蹋姤|安心

校異

皆者【元】【紀】者皆

寛永版本

ひとみなは[寛],
いまはながしと,[寛]いまはなかしと,
たけといへど,[寛]たけといへと,
きみがみしかみ,[寛]きみかみしかみ,
みだれたりとも,[寛]みたれたれとも,

巻数

第2巻

作者

園生羽女

タイトルとURLをコピーしました