万葉集121番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集121番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集121番について

歌番号

121番

原文

暮去者|塩満来奈武|住吉乃|淺鹿乃浦尓|玉藻苅手名

訓読

夕さらば潮満ち来なむ住吉の浅香の浦に玉藻刈りてな

かな読み

ゆふさらば|しほみちきなむ|すみのえの|あさかのうらに|たまもかりてな

カタカナ読み

ユフサラバ|シホミチキナム|スミノエノ|アサカノウラニ|タマモカリテナ

ローマ字読み|大文字

YUFUSARABA|SHIHOMICHIKINAMU|SUMINOENO|ASAKANORANI|TAMAMOKARITENA

ローマ字読み|小文字

yufusaraba|shihomichikinamu|suminoeno|asakanorani|tamamokaritena

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|紀皇女|恋歌|玉藻刈り|比喩|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

ゆふさらば,[寛]ゆふされは,
しほみちきなむ[寛],
すみのえの[寛],
あさかのうらに[寛],
たまもかりてな[寛],

巻数

第2巻

作者

弓削皇子

タイトルとURLをコピーしました