万葉集85番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集85番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集85番について

歌番号

85番

原文

君之行|氣長成奴|山多都祢|迎加将行|<待尓>可将待

訓読

君が行き日長くなりぬ山尋ね迎へか行かむ待ちにか待たむ

かな読み

きみがゆき|けながくなりぬ|やまたづね|むかへかゆかむ|まちにかまたむ

カタカナ読み

キミガユキ|ケナガクナリヌ|ヤマタヅネ|ムカヘカユカム|マチニカマタム

ローマ字読み|大文字

KIMIGAYUKI|KENAGAKUNARINU|YAMATAZUNE|MUKAHEKAYUKAMU|MACHINIKAMATAMU

ローマ字読み|小文字

kimigayuki|kenagakunarinu|yamatazune|mukahekayukamu|machinikamatamu

左注|左註

右一首歌山上憶良臣類聚歌林載焉

事項|分類・ジャンル

相聞|仁徳天皇|律令|情詩|閨房詩|大阪|伝承|仮託|恋情|女歌

校異

尓待->待尓【西(訂正)】【紀】【金】【温】

寛永版本

きみがゆき,[寛]きみかゆき,
けながくなりぬ,[寛]けなかくなりぬ,
やまたづね,[寛]やまたつね,
むかへかゆかむ[寛],
まちにかまたむ[寛],

巻数

第2巻

作者

磐姫皇后

タイトルとURLをコピーしました