万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集の第13巻を一覧にまとめました。

万葉集の第13巻一覧

3221冬こもり春さり来れば朝には白露置き夕には霞たなびく汗瑞能振木末が下に鴬鳴くも
3222みもろは人の守る山本辺は馬酔木花咲き末辺は椿花咲くうらぐはし山ぞ泣く子守る山
3223かむとけの日香空の九月のしぐれの降れば雁がねもいまだ来鳴かぬ神なびの清き御田屋の垣つ田の池の堤の百足らず斎槻の枝に瑞枝さす秋の黄葉まき持てる小鈴もゆらに手弱女に我れはあれども引き攀ぢて枝もとををにふさ手折り我は持ちて行く君がかざしに
3224ひとりのみ見れば恋しみ神なびの山の黄葉手折り来り君
3225天雲の影さへ見ゆるこもりくの泊瀬の川は浦なみか舟の寄り来ぬ礒なみか海人の釣せぬよしゑやし浦はなくともよしゑやし礒はなくとも沖つ波競ひ漕入り来海人の釣舟
3226さざれ波浮きて流るる泊瀬川寄るべき礒のなきが寂しさ
3227葦原の瑞穂の国に手向けすと天降りましけむ五百万千万神の神代より言ひ継ぎ来る神なびのみもろの山は春されば春霞立つ秋行けば紅にほふ神なびのみもろの神の帯ばせる明日香の川の水脈早み生しためかたき石枕苔生すまでに新夜の幸く通はむ事計り夢に見せこそ剣太刀斎ひ祭れる神にしませば
3228神なびの三諸の山に斎ふ杉思ひ過ぎめや苔生すまでに
3229斎串立てみわ据ゑ奉る祝部がうずの玉かげ見ればともしも
3230みてぐらを奈良より出でて水蓼穂積に至り鳥網張る坂手を過ぎ石走る神なび山に朝宮に仕へ奉りて吉野へと入ります見ればいにしへ思ほゆ
3231月は日は変らひぬとも久に経る三諸の山の離宮ところ
3231S古き都の離宮ところ
3232斧取りて丹生の桧山の木伐り来て筏に作り真楫貫き礒漕ぎ廻つつ島伝ひ見れども飽かずみ吉野の瀧もとどろに落つる白波
3233み吉野の瀧もとどろに落つる白波留まりにし妹に見せまく欲しき白波
3234やすみしし我ご大君高照らす日の御子のきこしをす御食つ国神風の伊勢の国は国見ればしも山見れば高く貴し川見ればさやけく清し水門なす海もゆたけし見わたす島も名高しここをしもまぐはしみかもかけまくもあやに畏き山辺の五十師の原にうちひさす大宮仕へ朝日なすまぐはしも夕日なすうらぐはしも春山のしなひ栄えて秋山の色なつかしきももしきの大宮人は天地日月とともに万代にもが
3235山辺の五十師の御井はおのづから成れる錦を張れる山かも
3236そらみつ大和の国あをによし奈良山越えて山背の管木の原ちはやぶる宇治の渡り瀧つ屋の阿後尼の原を千年に欠くることなく万代にあり通はむと山科の石田の杜のすめ神に幣取り向けて我れは越え行く逢坂山を
3237あをによし奈良山過ぎてもののふの宇治川渡り娘子らに逢坂山に手向け草幣取り置きて我妹子に近江の海の沖つ波来寄る浜辺をくれくれとひとりぞ我が来る妹が目を欲り
3238逢坂をうち出でて見れば近江の海白木綿花に波立ちわたる
3239近江の海泊り八十あり八十島の島の崎々あり立てる花橘をほつ枝にもち引き懸け中つ枝に斑鳩懸け下枝に比米を懸け汝が母を取らくを知らに汝が父を取らくを知らにいそばひ居るよ斑鳩と比米と
3240大君の命畏み見れど飽かぬ奈良山越えて真木積む泉の川の早き瀬を棹さし渡りちはやぶる宇治の渡りのたきつ瀬を見つつ渡りて近江道の逢坂山に手向けして我が越え行けば楽浪の志賀の唐崎幸くあらばまたかへり見む道の隈八十隈ごとに嘆きつつ我が過ぎ行けばいや遠に里離り来ぬいや高に山も越え来ぬ剣太刀鞘ゆ抜き出でて伊香胡山いかにか我がせむゆくへ知らずて
3241天地を嘆き祈ひ祷み幸くあらばまたかへり見む志賀の唐崎
3242ももきね美濃の国の高北のくくりの宮に日向ひに行靡闕矣ありと聞きて我が行く道の奥十山美濃の山靡けと人は踏めどもかく寄れと人は突けども心なき山の奥十山美濃の山
3243娘子らが麻笥に垂れたる続麻なす長門の浦に朝なぎに満ち来る潮の夕なぎに寄せ来る波のその潮のいやますますにその波のいやしくしくに我妹子に恋ひつつ来れば阿胡の海の荒礒の上に浜菜摘む海人娘子らがうながせる領布も照るがに手に巻ける玉もゆららに白栲の袖振る見えつ相思ふらしも
3244阿胡の海の荒礒の上のさざれ波我が恋ふらくはやむ時もなし
3245天橋も長くもがも高山も高くもがも月夜見の持てるをち水い取り来て君に奉りてをち得てしかも
3246天なるや月日のごとく我が思へる君が日に異に老ゆらく惜しも
3247沼名川の底なる玉求めて得し玉かも拾ひて得し玉かもあたらしき君が老ゆらく惜しも
3248磯城島の大和の国に人さはに満ちてあれども藤波の思ひまつはり若草の思ひつきにし君が目に恋ひや明かさむ長きこの夜を
3249磯城島の大和の国に人ふたりありとし思はば何か嘆かむ
3250蜻蛉島大和の国は神からと言挙げせぬ国しかれども我れは言挙げす天地の神もはなはだ我が思ふ心知らずや行く影の月も経ゆけば玉かぎる日も重なりて思へかも胸の苦しき恋ふれかも心の痛き末つひに君に逢はずは我が命の生けらむ極み恋ひつつも我れは渡らむまそ鏡直目に君を相見てばこそ我が恋やまめ
3251大船の思ひ頼める君ゆゑに尽す心は惜しけくもなし
3252ひさかたの都を置きて草枕旅行く君をいつとか待たむ
3253葦原の瑞穂の国は神ながら言挙げせぬ国しかれども言挙げぞ我がする言幸くま幸くませと障みなく幸くいまさば荒礒波ありても見むと百重波千重波しきに言挙げす我れは<言挙げす我れは>
3254磯城島の大和の国は言霊の助くる国ぞま幸くありこそ
3255古ゆ言ひ継ぎけらく恋すれば苦しきものと玉の緒の継ぎては言へど娘子らが心を知らにそを知らむよしのなければ夏麻引く命かたまけ刈り薦の心もしのに人知れずもとなぞ恋ふる息の緒にして
3256しくしくに思はず人はあるらめどしましくも我は忘らえぬかも
3257直に来ずこゆ巨勢道から岩せ踏みなづみぞ我が来し恋ひてすべなみ
3257S紀の国の浜に寄るとふあわび玉拾ひにと言ひて行きし君いつ来まさむ
3258あらたまの年は来ゆきて玉梓の使の来ねば霞立つ長き春日を天地に思ひ足らはしたらちねの母が飼ふ蚕の繭隠り息づきわたり我が恋ふる心のうちを人に言ふものにしあらねば松が根の待つこと遠み天伝ふ日の暮れぬれば白栲の我が衣手も通りて濡れぬ
3259かくのみし相思はずあらば天雲の外にぞ君はあるべくありける
3260小治田の年魚道の水を間なくぞ人は汲むといふ時じくぞ人は飲むといふ汲む人の間なきがごと飲む人の時じきがごと我妹子に我が恋ふらくはやむ時もなし
3261思ひ遣るすべのたづきも今はなし君に逢はずて年の経ぬれば
3261S妹に会わず
3262瑞垣の久しき時ゆ恋すれば我が帯緩ふ朝宵ごとに
3263こもりくの泊瀬の川の上つ瀬に斎杭を打ち下つ瀬に真杭を打ち斎杭には鏡を懸け真杭には真玉を懸け真玉なす我が思ふ妹も鏡なす我が思ふ妹もありといはばこそ国にも家にも行かめ誰がゆゑか行かむ
3264年渡るまでにも人はありといふをいつの間にぞも我が恋ひにける
3265世の中を憂しと思ひて家出せし我れや何にか還りてならむ
3266春されば花咲ををり秋づけば丹のほにもみつ味酒を神奈備山の帯にせる明日香の川の早き瀬に生ふる玉藻のうち靡き心は寄りて朝露の消なば消ぬべく恋ひしくもしるくも逢へる隠り妻かも
3267明日香川瀬々の玉藻のうち靡き心は妹に寄りにけるかも
3268みもろの神奈備山ゆとの曇り雨は降り来ぬ天霧らひ風さへ吹きぬ大口の真神の原ゆ思ひつつ帰りにし人家に至りきや
3269帰りにし人を思ふとぬばたまのその夜は我れも寐も寝かねてき
3270さし焼かむ小屋の醜屋にかき棄てむ破れ薦を敷きて打ち折らむ醜の醜手をさし交へて寝らむ君ゆゑあかねさす昼はしみらにぬばたまの夜はすがらにこの床のひしと鳴るまで嘆きつるかも
3271我が心焼くも我れなりはしきやし君に恋ふるも我が心から
3272うちはへて思ひし小野は遠からぬその里人の標結ふと聞きてし日より立てらくのたづきも知らず居らくの奥処も知らずにきびにし我が家すらを草枕旅寝のごとく思ふそら苦しきものを嘆くそら過ぐしえぬものを天雲のゆくらゆくらに葦垣の思ひ乱れて乱れ麻のをけをなみと我が恋ふる千重の一重も人知れずもとなや恋ひむ息の緒にして
3273二つなき恋をしすれば常の帯を三重結ぶべく我が身はなりぬ
3274為むすべのたづきを知らに岩が根のこごしき道を岩床の根延へる門を朝には出で居て嘆き夕には入り居て偲ひ白栲の我が衣手を折り返しひとりし寝ればぬばたまの黒髪敷きて人の寝る味寐は寝ずて大船のゆくらゆくらに思ひつつ我が寝る夜らを数みもあへむかも
3275ひとり寝る夜を数へむと思へども恋の繁きに心どもなし
3276百足らず山田の道を波雲の愛し妻と語らはず別れし来れば早川の行きも知らず衣手の帰りも知らず馬じもの立ちてつまづき為むすべのたづきを知らにもののふの八十の心を天地に思ひ足らはし魂合はば君来ますやと我が嘆く八尺の嘆き玉桙の道来る人の立ち留まりいかにと問はば答へ遣るたづきを知らにさ丹つらふ君が名言はば色に出でて人知りぬべみあしひきの山より出づる月待つと人には言ひて君待つ我れを
3277寐も寝ずに我が思ふ君はいづくへに今夜誰れとか待てど来まさぬ
3278赤駒を馬屋に立て黒駒を馬屋に立ててそを飼ひ我が行くがごと思ひ妻心に乗りて高山の嶺のたをりに射目立てて鹿猪待つがごと床敷きて我が待つ君を犬な吠えそね
3279葦垣の末かき分けて君越ゆと人にな告げそ事はたな知れ
3280我が背子は待てど来まさず天の原振り放け見ればぬばたまの夜も更けにけりさ夜更けてあらしの吹けば立ち待てる我が衣手に降る雪は凍りわたりぬ今さらに君来まさめやさな葛後も逢はむと慰むる心を持ちてま袖もち床うち掃ひうつつには君には逢はず夢にだに逢ふと見えこそ天の足り夜を
3281我が背子は待てど来まさず雁が音も響みて寒しぬばたまの夜も更けにけりさ夜更くとあらしの吹けば立ち待つに我が衣手に置く霜も氷にさえわたり降る雪も凍りわたりぬ今さらに君来まさめやさな葛後も逢はむと大船の思ひ頼めどうつつには君には逢はず夢にだに逢ふと見えこそ天の足り夜に
3282衣手にあらしの吹きて寒き夜を君来まさずはひとりかも寝む
3283今さらに恋ふとも君に逢はめやも寝る夜をおちず夢に見えこそ
3284菅の根のねもころごろに我が思へる妹によりては言の忌みもなくありこそと斎瓮を斎ひ掘り据ゑ竹玉を間なく貫き垂れ天地の神をぞ我が祷むいたもすべなみ
3285たらちねの母にも言はずつつめりし心はよしゑ君がまにまに
3286玉たすき懸けぬ時なく我が思へる君によりてはしつ幣を手に取り持ちて竹玉を繁に貫き垂れ天地の神をぞ我が祷むいたもすべなみ
3287天地の神を祈りて我が恋ふる君いかならず逢はずあらめやも
3288大船の思ひ頼みてさな葛いや遠長く我が思へる君によりては言の故もなくありこそと木綿たすき肩に取り懸け斎瓮を斎ひ掘り据ゑ天地の神にぞ我が祷むいたもすべなみ
3289み佩かしを剣の池の蓮葉に溜まれる水のゆくへなみ我がする時に逢ふべしと逢ひたる君をな寐ねそと母聞こせども我が心清隅の池の池の底我れは忘れじ直に逢ふまでに
3290いにしへの神の時より逢ひけらし今の心も常忘らえず
3291み吉野の真木立つ山に青く生ふる山菅の根のねもころに我が思ふ君は大君の任けのまにまに或本云大君の命かしこみ鄙離る国治めにと或本云天離る鄙治めにと群鳥の朝立ち去なば後れたる我れか恋ひむな旅ならば君か偲はむ言はむすべ為むすべ知らに或書有あしひきの山の木末に句也延ふ蔦の行きの或本無歸之句也別れのあまた惜しきものかも
3292うつせみの命を長くありこそと留まれる我れは斎ひて待たむ
3293み吉野の御金が岳に間なくぞ雨は降るといふ時じくぞ雪は降るといふその雨の間なきがごとその雪の時じきがごと間もおちず我れはぞ恋ふる妹が直香に
3294み雪降る吉野の岳に居る雲の外に見し子に恋ひわたるかも
3295うちひさつ三宅の原ゆ直土に足踏み貫き夏草を腰になづみいかなるや人の子ゆゑぞ通はすも我子うべなうべな母は知らじうべなうべな父は知らじ蜷の腸か黒き髪に真木綿もちあざさ結ひ垂れ大和の黄楊の小櫛を押へ刺すうらぐはし子それぞ我が妻
3296父母に知らせぬ子ゆゑ三宅道の夏野の草をなづみ来るかも
3297玉たすき懸けぬ時なく我が思ふ妹にし逢はねばあかねさす昼はしみらにぬばたまの夜はすがらに寐も寝ずに妹に恋ふるに生けるすべなし
3298よしゑやし死なむよ我妹生けりともかくのみこそ我が恋ひわたりなめ
3299見わたしに妹らは立たしこの方に我れは立ちて思ふそら安けなくに嘆くそら安けなくにさ丹塗りの小舟もがも玉巻きの小楫もがも漕ぎ渡りつつも語らふ妻を
3299Sこもりくの泊瀬の川の彼方に妹らは立たしこの方に我れは立ちて
3300おしてる難波の崎に引き泝る赤のそほ舟そほ舟に網取り懸け引こづらひありなみすれど言ひづらひありなみすれどありなみえずぞ言はえにし我が身
3301神風の伊勢の海の朝なぎに来寄る深海松夕なぎに来寄る俣海松深海松の深めし我れを俣海松のまた行き帰り妻と言はじとかも思ほせる君
3302紀の国の牟婁の江の辺に千年に障ることなく万代にかくしもあらむと大船の思ひ頼みて出立の清き渚に朝なぎに来寄る深海松夕なぎに来寄る縄海苔深海松の深めし子らを縄海苔の引けば絶ゆとや里人の行きの集ひに泣く子なす行き取り探り梓弓弓腹振り起ししのぎ羽を二つ手挟み放ちけむ人し悔しも恋ふらく思へば
3303里人の我れに告ぐらく汝が恋ふるうつくし夫は黄葉の散り乱ひたる神なびのこの山辺から或本云その山辺ぬばたまの黒馬に乗りて川の瀬を七瀬渡りてうらぶれて夫は逢ひきと人ぞ告げつる
3304聞かずして黙もあらましを何しかも君が直香を人の告げつる
3305物思はず道行く行くも青山を振り放け見ればつつじ花にほえ娘子桜花栄え娘子汝れをぞも我れに寄すといふ我れをもぞ汝れに寄すといふ荒山も人し寄すれば寄そるとぞいふ汝が心ゆめ
3306いかにして恋やむものぞ天地の神を祈れど我れは思ひ増す
3307しかれこそ年の八年を切り髪のよち子を過ぎ橘のほつ枝を過ぎてこの川の下にも長く汝が心待て
3308天地の神をも我れは祈りてき恋といふものはかつてやまずけり
3309物思はず道行く行くも青山を振り放け見ればつつじ花にほえ娘子桜花栄え娘子汝れをぞも我れに寄すといふ我れをぞも汝れに寄すといふ汝はいかに思ふや思へこそ年の八年を切り髪のよち子を過ぎ橘のほつ枝をすぐりこの川の下にも長く汝が心待て
3310隠口の泊瀬の国にさよばひに我が来ればたな曇り雪は降り来さ曇り雨は降り来野つ鳥雉は響む家つ鳥鶏も鳴くさ夜は明けこの夜は明けぬ入りてかつ寝むこの戸開かせ
3311隠口の泊瀬小国に妻しあれば石は踏めどもなほし来にけり
3312隠口の泊瀬小国によばひせす我が天皇よ奥床に母は寐ねたり外床に父は寐ねたり起き立たば母知りぬべし出でて行かば父知りぬべしぬばたまの夜は明けゆきぬここだくも思ふごとならぬ隠り妻かも
3313川の瀬の石踏み渡りぬばたまの黒馬来る夜は常にあらぬかも
3314つぎねふ山背道を人夫の馬より行くに己夫し徒歩より行けば見るごとに音のみし泣かゆそこ思ふに心し痛したらちねの母が形見と我が持てるまそみ鏡に蜻蛉領巾負ひ並め持ちて馬買へ我が背
3315泉川渡り瀬深み我が背子が旅行き衣ひづちなむかも
3316まそ鏡持てれど我れは験なし君が徒歩よりなづみ行く見れば
3317馬買はば妹徒歩ならむよしゑやし石は踏むとも我はふたり行かむ
3318紀の国の浜に寄るといふ鰒玉拾はむと言ひて妹の山背の山越えて行きし君いつ来まさむと玉桙の道に出で立ち夕占を我が問ひしかば夕占の我れに告らく我妹子や汝が待つ君は沖つ波来寄る白玉辺つ波の寄する白玉求むとぞ君が来まさぬ拾ふとぞ君は来まさぬ久ならばいま七日ばかり早くあらばいま二日ばかりあらむとぞ君は聞こししな恋ひそ我妹
3319杖つきもつかずも我れは行かめども君が来まさむ道の知らなく
3320直に行かずこゆ巨勢道から石瀬踏み求めぞ我が来し恋ひてすべなみ
3321さ夜更けて今は明けぬと戸を開けて紀へ行く君をいつとか待たむ
3322門に居る我が背は宇智に至るともいたくし恋ひば今帰り来む
3323しなたつ筑摩さのかた息長の越智の小菅編まなくにい刈り持ち来敷かなくにい刈り持ち来て置きて我れを偲はす息長の越智の小菅
3324かけまくもあやに畏し藤原の都しみみに人はしも満ちてあれども君はしも多くいませど行き向ふ年の緒長く仕へ来し君の御門を天のごと仰ぎて見つつ畏けど思ひ頼みていつしかも日足らしまして望月の満しけむと我が思へる皇子の命は春されば植槻が上の遠つ人松の下道ゆ登らして国見遊ばし九月のしぐれの秋は大殿の砌しみみに露負ひて靡ける萩を玉たすき懸けて偲はしみ雪降る冬の朝は刺し柳根張り梓を大御手に取らし賜ひて遊ばしし我が大君を霞立つ春の日暮らしまそ鏡見れど飽かねば万代にかくしもがもと大船の頼める時に泣く我れ目かも迷へる大殿を振り放け見れば白栲に飾りまつりてうちひさす宮の舎人も一云は栲のほの麻衣着れば夢かもうつつかもと曇り夜の迷へる間にあさもよし城上の道ゆつのさはふ磐余を見つつ神葬り葬りまつれば行く道のたづきを知らに思へども験をなみ嘆けども奥処をなみ大御袖行き触れし松を言問はぬ木にはありともあらたまの立つ月ごとに天の原振り放け見つつ玉たすき懸けて偲はな畏くあれども
3325つのさはふ磐余の山に白栲にかかれる雲は大君にかも
3326礒城島の大和の国にいかさまに思ほしめせかつれもなき城上の宮に大殿を仕へまつりて殿隠り隠りいませば朝には召して使ひ夕には召して使ひ使はしし舎人の子らは行く鳥の群がりて待ちあり待てど召したまはねば剣大刀磨ぎし心を天雲に思ひはぶらし臥いまろびひづち哭けども飽き足らぬかも
3327百小竹の三野の王西の馬屋に立てて飼ふ駒東の馬屋に立てて飼ふ駒草こそば取りて飼ふと言へ水こそば汲みて飼ふと言へ何しかも葦毛の馬のいなき立てつる
3328衣手葦毛の馬のいなく声心あれかも常ゆ異に鳴く
3329白雲のたなびく国の青雲の向伏す国の天雲の下なる人は我のみかも君に恋ふらむ我のみかも君に恋ふれば天地に言を満てて恋ふれかも胸の病みたる思へかも心の痛き我が恋ぞ日に異にまさるいつはしも恋ひぬ時とはあらねどもこの九月を我が背子が偲ひにせよと千代にも偲ひわたれと万代に語り継がへと始めてしこの九月の過ぎまくをいたもすべなみあらたまの月の変れば為むすべのたどきを知らに岩が根のこごしき道の岩床の根延へる門に朝には出で居て嘆き夕には入り居恋ひつつぬばたまの黒髪敷きて人の寝る味寐は寝ずに大船のゆくらゆくらに思ひつつ我が寝る夜らは数みもあへぬかも
3330隠口の泊瀬の川の上つ瀬に鵜を八つ潜け下つ瀬に鵜を八つ潜け上つ瀬の鮎を食はしめ下つ瀬の鮎を食はしめくはし妹に鮎を惜しみくはし妹に鮎を惜しみ投ぐるさの遠ざかり居て思ふそら安けなくに嘆くそら安けなくに衣こそばそれ破れぬれば継ぎつつもまたも合ふといへ玉こそば緒の絶えぬればくくりつつまたも合ふといへまたも逢はぬものは妻にしありけり
3331隠口の泊瀬の山青旗の忍坂の山は走出のよろしき山の出立のくはしき山ぞあたらしき山の荒れまく惜しも
3332高山と海とこそば山ながらかくもうつしく海ながらしかまことならめ人は花ものぞうつせみ世人
3333大君の命畏み蜻蛉島大和を過ぎて大伴の御津の浜辺ゆ大船に真楫しじ貫き朝なぎに水手の声しつつ夕なぎに楫の音しつつ行きし君いつ来まさむと占置きて斎ひわたるにたはことか人の言ひつる我が心筑紫の山の黄葉の散りて過ぎぬと君が直香を
3334たはことか人の言ひつる玉の緒の長くと君は言ひてしものを
3335玉桙の道行く人はあしひきの山行き野行きにはたづみ川行き渡り鯨魚取り海道に出でて畏きや神の渡りは吹く風ものどには吹かず立つ波もおほには立たずとゐ波の塞ふる道を誰が心いたはしとかも直渡りけむ直渡りけむ
3336鳥が音の聞こゆる海に高山を隔てになして沖つ藻を枕になしひむし羽の衣だに着ずに鯨魚取り海の浜辺にうらもなく臥やせる人は母父に愛子にかあらむ若草の妻かありけむ思ほしき言伝てむやと家問へば家をも告らず名を問へど名だにも告らず泣く子なす言だにとはず思へども悲しきものは世間にぞある世間にぞある
3337母父も妻も子どもも高々に来むと待ちけむ人の悲しさ
3338あしひきの山道は行かむ風吹けば波の塞ふる海道は行かじ
3339玉桙の道に出で立ちあしひきの野行き山行きにはたづみ川行き渡り鯨魚取り海道に出でて吹く風もおほには吹かず立つ波ものどには立たぬ畏きや神の渡りのしき波の寄する浜辺に高山を隔てに置きて浦ぶちを枕に巻きてうらもなくこやせる君は母父が愛子にもあらむ若草の妻もあらむと家問へど家道も言はず名を問へど名だにも告らず誰が言をいたはしとかもとゐ波の畏き海を直渡りけむ
3340母父も妻も子どもも高々に来むと待つらむ人の悲しさ
3341家人の待つらむものをつれもなき荒礒を巻きて寝せる君かも
3342浦ぶちにこやせる君を今日今日と来むと待つらむ妻し悲しも
3343浦波の来寄する浜につれもなくこやせる君が家道知らずも
3344この月は君来まさむと大船の思ひ頼みていつしかと我が待ち居れば黄葉の過ぎてい行くと玉梓の使の言へば蛍なすほのかに聞きて大地をほのほと踏みて立ちて居てゆくへも知らず朝霧の思ひ迷ひて杖足らず八尺の嘆き嘆けども験をなみといづくにか君がまさむと天雲の行きのまにまに射ゆ鹿猪の行きも死なむと思へども道の知らねばひとり居て君に恋ふるに哭のみし泣かゆ
3345葦辺行く雁の翼を見るごとに君が帯ばしし投矢し思ほゆ
3346見欲しきは雲居に見ゆるうるはしき鳥羽の松原童どもいざわ出で見むこと放けば国に放けなむこと放けば家に放けなむ天地の神し恨めし草枕この旅の日に妻放くべしや
3347草枕この旅の日に妻離り家道思ふに生けるすべなし
3347S旅の日にして
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3343番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3343番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3343番について歌番号3343番原文浪|来依濱丹|津煎裳無|偃為賀|家道不知裳訓読浦波の来寄する浜につれもなくこやせる君が家道知らずもかな読みうらなみの|きよするはまに|つ...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3344番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3344番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3344番について歌番号3344番原文此月者|君将来跡|大舟之|思憑而|何時可登|吾待居者|黄葉之|過行跡|玉梓之|使之云者|螢成|髣髴聞而|大乎|穂跡居而|去方毛不知|朝霧...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3345番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3345番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3345番について歌番号3345番原文葦邊徃|鴈之翅乎|見別|之佩具之|投箭之所思訓読葦辺行く雁の翼を見るごとに君が帯ばしし投矢し思ほゆかな読みあしへゆく|かりのつばさを|み...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3330番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3330番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3330番について歌番号3330番原文隠来之|長谷之川之|上瀬尓|鵜矣八頭漬|下瀬尓|鵜矣八頭漬|上瀬之|魚矣令咋|下瀬之|鮎矣令咋|麗妹尓|鮎遠惜||投左乃|遠離居而|思空...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3346番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3346番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3346番について歌番号3346番原文欲見者|雲居所見|愛|十羽能松原|小子等|率和出将見|琴酒者|國丹放甞|別避者|宅仁離南|乾坤之|神志恨之|草枕|此羈之氣尓|妻應離哉訓...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3331番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3331番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3331番について歌番号3331番原文隠来之|長谷之山|青幡之|忍坂山者|走出之|宜山之|出立之|妙山叙|惜|山之|荒巻惜毛訓読隠口の|泊瀬の山|青旗の|忍坂の山は|走出の|...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3347番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3347番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3347番について歌番号3347番原文草枕|此羈之氣尓|妻|家道思|生為便無訓読草枕この旅の日に妻離り家道思ふに生けるすべなしかな読みくさまくら|このたびのけに|つまさかり|...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3332番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3332番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3332番について歌番号3332番原文高山|与海社者|山随|如此毛現|海随|然真有目|人者物曽|空蝉与人訓読高山と|海とこそば|山ながら|かくもうつしく|海ながら|しかまこと...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3347S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3347S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3347S番について歌番号3347異伝歌番原文羈之氣二為而訓読旅の日にしてかな読みたびのけにしてカタカナ読みタビノケニシテローマ字読み|大文字TABINOKENISHITE...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3333番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3333番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3333番について歌番号3333番原文王之|御命恐|秋津嶋|倭雄過而|大伴之|御津之濱邊従|大舟尓|真梶繁貫|旦名伎尓|水之音為乍|夕名寸尓|梶音為乍|行師君|何時来座登|卜...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3334番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3334番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3334番について歌番号3334番原文言哉|人之云鶴|玉緒乃|長登君者|言手師物乎訓読たはことか人の言ひつる玉の緒の長くと君は言ひてしものをかな読みたはことか|ひとのいひつる...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3335番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3335番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3335番について歌番号3335番原文玉桙之|道去人者|足桧木之|山行野徃|直海|川徃渡|不知魚取|海道荷出而|惶八|神之渡者|吹風母|和者不吹|立浪母|踈不立|跡座浪之|塞...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3336番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3336番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3336番について歌番号3336番原文鳥音之|所聞海尓|高山麻|障所為而|奥藻麻|枕所為|葉之|衣不服尓|不知魚取|海之濱邊尓|浦裳無|所宿有人者|母父尓|真名子尓可有六|若...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3337番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3337番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3337番について歌番号3337番原文母父毛|妻毛子等毛|高々二|来跡異六|人之悲訓読母父も妻も子どもも高々に来むと待ちけむ人の悲しさかな読みおもちちも|つまもこどもも|たか...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3338番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3338番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3338番について歌番号3338番原文蘆桧木乃|山道者将行|風吹者|浪之塞|海道者不行訓読あしひきの山道は行かむ風吹けば波の塞ふる海道は行かじかな読みあしひきの|やまぢはゆか...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3339番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3339番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3339番について歌番号3339番原文玉桙之|道尓出立|葦引乃|野行山行|潦|川徃渉|鯨名取|海路丹出而|吹風裳|母穂丹者不吹|立浪裳|箟跡丹者不起|恐耶|神之渡乃|敷浪乃|...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3340番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3340番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3340番について歌番号3340番原文母父裳|妻裳子等裳|高々丹|来跡待|人乃悲訓読母父も妻も子どもも高々に来むと待つらむ人の悲しさかな読みおもちちも|つまもこどもも|たかた...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3341番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3341番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3341番について歌番号3341番原文家人乃|将待物矣|津煎裳無|荒礒矣巻而|偃有鴨訓読家人の待つらむものをつれもなき荒礒を巻きて寝せる君かもかな読みいへびとの|まつらむもの...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3342番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3342番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3342番について歌番号3342番原文潭|偃為矣|今日々々跡|将来跡将待|妻之可奈思母訓読浦ぶちにこやせる君を今日今日と来むと待つらむ妻し悲しもかな読みうらぶちに|こやせるき...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3311番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3311番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3311番について歌番号3311番原文隠来乃|泊瀬小國丹|妻有者|石者履友|猶来々訓読隠口の泊瀬小国に妻しあれば石は踏めどもなほし来にけりかな読みこもりくの|はつせをぐにに|...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3327番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3327番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3327番について歌番号3327番原文百小竹之|三野王|金厩|立而飼駒|角厩|立而飼駒|草社者|取而飼|水社者|挹而飼|何然|大分青馬之|鳴立鶴訓読百小竹の|三野の王|西の馬...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3312番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3312番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3312番について歌番号3312番原文隠口乃|長谷小國|夜延為|吾天皇寸与|奥床仁|母者睡有|外床丹|父者寐有|起立者|母可知|出行者|父可知|野干之|夜者昶去奴|幾許雲|不...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3328番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3328番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3328番について歌番号3328番原文衣袖|大分青馬之|嘶音|情有鳧|常従異鳴訓読衣手葦毛の馬のいなく声心あれかも常ゆ異に鳴くかな読みころもで|あしげのうまの|いなくこゑ|こ...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3313番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3313番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3313番について歌番号3313番原文川瀬之|石迹渡|野干玉之|黒馬之来夜者|常二有沼鴨訓読川の瀬の石踏み渡りぬばたまの黒馬来る夜は常にあらぬかもかな読みかはのせの|いしふみ...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3329番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3329番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3329番について歌番号3329番原文白雲之|棚曳國之|青雲之|向伏國乃|天雲|下有人者|妾耳鴨|君尓戀濫|吾耳鴨|夫君尓戀礼薄|天地|満言|戀鴨|る之病有|念鴨|意之痛|妾...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3314番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3314番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3314番について歌番号3314番原文次嶺經|山背道乎|人都末乃|馬従行尓|己夫之|歩従行者|毎見|哭耳之所泣|曽許思尓|心之痛之|垂乳根乃|母之形見跡|吾持有|真十見鏡尓|...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3315番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3315番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3315番について歌番号3315番原文泉|渡瀬深見|吾世古我|旅行衣|蒙沾鴨訓読泉川渡り瀬深み我が背子が旅行き衣ひづちなむかもかな読みいづみがは|わたりぜふかみ|わがせこが|...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3316番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3316番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3316番について歌番号3316番原文清鏡|雖持吾者|記無|君之歩行|名積去見者訓読まそ鏡持てれど我れは験なし君が徒歩よりなづみ行く見ればかな読みまそかがみ|もてれどわれは|...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3317番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3317番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3317番について歌番号3317番原文馬替者|妹歩行将有|縦恵八子|石者雖履|吾二行訓読馬買はば妹徒歩ならむよしゑやし石は踏むとも我はふたり行かむかな読みうまかはば|いもかち...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3318番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3318番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3318番について歌番号3318番原文木國之|濱因云|珠|将拾跡云而|妹乃山|勢能山越而|行之君|何時来座跡|玉桙之|道尓出立|夕卜乎|吾問之可婆|夕卜之|吾尓告良久|吾妹兒...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3319番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3319番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3319番について歌番号3319番原文杖衝毛|不衝毛吾者|行目友|公之将来|道之不知苦訓読杖つきもつかずも我れは行かめども君が来まさむ道の知らなくかな読みつゑつきも|つかずも...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3320番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3320番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3320番について歌番号3320番原文直不徃|此従巨勢道柄|石瀬踏|求曽吾来|戀而為便奈見訓読直に行かずこゆ巨勢道から石瀬踏み求めぞ我が来し恋ひてすべなみかな読みただにゆかず...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3321番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3321番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3321番について歌番号3321番原文左夜深而|今者明奴登|開戸手|木部行君乎|何時可将待訓読さ夜更けて今は明けぬと戸を開けて紀へ行く君をいつとか待たむかな読みさよふけて|い...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3322番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3322番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3322番について歌番号3322番原文門座|郎子内尓|雖至|痛之戀者|今還金訓読門に居る我が背は宇智に至るともいたくし恋ひば今帰り来むかな読みかどにゐる|わがせはうちに|いた...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3323番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3323番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3323番について歌番号3323番原文師名立|都久麻左野方|息長之|遠智能小菅|不連尓|伊苅持来|不敷尓|伊苅持来而|置而|吾乎令偲|息長之|遠智能子菅訓読しなたつ|筑摩さの...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3324番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3324番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3324番について歌番号3324番原文纒毛|文恐|藤原|王都志弥美尓|人下|満雖有|君下|大座常|徃向|緒長|仕来|君之御門乎|如天|仰而見乍|雖畏|思憑而|何時可聞|日足座...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3325番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3325番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3325番について歌番号3325番原文角障經|石村山丹|白栲|懸有雲者|皇可聞訓読つのさはふ磐余の山に白栲にかかれる雲は大君にかもかな読みつのさはふ|いはれのやまに|しろたへ...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3310番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3310番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3310番について歌番号3310番原文隠口乃|泊瀬乃國尓|左結婚丹|吾来者|棚雲利|雪者零来|左雲理|雨者落来|野鳥|雉動|家鳥|可鶏毛鳴|左夜者明|此夜者昶奴|入而将眠|此...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3326番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3326番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3326番について歌番号3326番原文礒城嶋之|日本國尓|何方|御念食可|津礼毛無|城上宮尓|大殿乎|都可倍奉而|殿隠|々座者|朝者|召而使|夕者|召而使|遣之|舎人之子等者...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3296番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3296番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3296番について歌番号3296番原文父母尓|不令知子故|三宅道乃|夏野草乎|菜積来鴨訓読父母に知らせぬ子ゆゑ三宅道の夏野の草をなづみ来るかもかな読みちちははに|しらせぬこゆ...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3297番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3297番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3297番について歌番号3297番原文玉田次|不懸時無|吾念|妹西不會波|赤根刺|日者之弥良尓|烏玉之|夜者酢辛二|眠不睡尓|妹戀丹|生流為便無訓読玉たすき|懸けぬ時なく|我...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3298番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3298番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3298番について歌番号3298番原文縦恵八師|二々火四吾妹|生友|各鑿社吾|戀度七目訓読よしゑやし死なむよ我妹生けりともかくのみこそ我が恋ひわたりなめかな読みよしゑやし|し...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3299番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3299番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3299番について歌番号3299番原文見渡尓|妹等者立志|是方尓|吾者立而|思虚|不安國|嘆虚|不安國|左丹柒之|小舟毛鴨|玉纒之|小楫毛鴨|榜渡乍毛|相語妻遠訓読見わたしに...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3299S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3299S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3299S番について歌番号3299異伝歌番原文己母理久乃|波都世乃加波乃|乎知可多尓|伊母良波多々志|己乃加多尓|和礼波多知弖訓読こもりくの|泊瀬の川の|彼方に|妹らは立た...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3300番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3300番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3300番について歌番号3300番原文忍照|難波乃埼尓|引登|赤曽朋舟|曽朋舟尓|綱取繋|引豆良比|有雙雖為|日豆良賓|有雙雖為|有雙不得叙|所言西我身訓読おしてる|難波の崎...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3301番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3301番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3301番について歌番号3301番原文神風之|伊勢海之|朝奈伎尓|来依深海松|暮奈藝尓|来因俣海松|深海松乃|深目師吾乎|俣海松乃|復去反|都麻等不言登可聞|思保世流君訓読神...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3302番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3302番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3302番について歌番号3302番原文紀伊國之|室之江邊尓|千尓|障事無|万世尓|如是将登|大舟之|思恃而|出立之|清瀲尓|朝名寸二|来依深海松|夕難岐尓|来依縄法|深海松之...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3288番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3288番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3288番について歌番号3288番原文大船之|思憑而|木己|弥遠長|我念有|君尓依而者|言之故毛|無有欲得|木綿手次|肩荷取懸|忌戸乎|齋穿居|玄黄之|神祇二衣吾祈|甚毛為便...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3303番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3303番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3303番について歌番号3303番原文里人之|吾丹告樂|戀|愛妻者|黄葉之|散乱有|神名火之|此山邊柄||烏玉之|黒馬尓乗而|河瀬乎|七湍渡而|裏觸而|妻者會登|人曽告鶴訓読...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3289番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3289番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3289番について歌番号3289番原文御佩乎|劔池之|蓮葉尓|渟有水之|徃方無|我為時尓|應相登|相有君乎|莫寐等|母寸巨勢友|吾情|清隅之池之|池底|吾者不|正相左右二訓読...
タイトルとURLをコピーしました