万葉集3260番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3260番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3260番について

歌番号

3260番

原文

小<治>田之|年魚道之水乎|問無曽|人者挹云|時自久曽|人者飲云|挹人之|無間之如|飲人之|不時之如|吾妹子尓|吾戀良久波|已時毛無

訓読

小治田の|年魚道の水を|間なくぞ|人は汲むといふ|時じくぞ|人は飲むといふ|汲む人の|間なきがごと|飲む人の|時じきがごと|我妹子に|我が恋ふらくは|やむ時もなし

かな読み

をはりだの|あゆぢのみづを|まなくぞ|ひとはくむといふ|ときじくぞ|ひとはのむといふ|くむひとの|まなきがごと|のむひとの|ときじきがごと|わぎもこに|あがこふらくは|やむときもなし

カタカナ読み

ヲハリダノ|アユヂノミヅヲ|マナクゾ|ヒトハクムトイフ|トキジクゾ|ヒトハノムトイフ|クムヒトノ|マナキガゴト|ノムヒトノ|トキジキガゴト|ワギモコニ|アガコフラクハ|ヤムトキモナシ

ローマ字読み|大文字

OHARIDANO|AYUJINOMIZUO|MANAKUZO|HITOHAKUMUTOIFU|TOKIJIKUZO|HITOHANOMUTOIFU|KUMUHITONO|MANAKIGAGOTO|NOMUHITONO|TOKIJIKIGAGOTO|WAGIMOKONI|AGAKOFURAKUHA|YAMUTOKIMONASHI

ローマ字読み|小文字

oharidano|ayujinomizuo|manakuzo|hitohakumutoifu|tokijikuzo|hitohanomutoifu|kumuhitono|manakigagoto|nomuhitono|tokijikigagoto|wagimokoni|agakofurakuha|yamutokimonashi

左注|左註

右三首

事項|分類・ジャンル

相聞|異伝|民謡|地名|明日香|恋情

校異

沼->治【元】【天】【類】

寛永版本

をはりだの,[寛]おぬまたの,
あゆぢのみづを,[寛]あゆちのみつを,
まなくぞ,[寛]ひまなくそ,
ひとはくむといふ,[寛]ひとはくむてふ,
ときじくぞ,[寛]ときしくそ,
ひとはのむといふ,[寛]ひとはのむてふ,
くむひとの[寛],
まなきがごと,[寛]ひまなきかこと,
のむひとの[寛],
ときじきがごと,[寛]ときなきかこと,
わぎもこに,[寛]わきもこに,
あがこふらくは,[寛]わかこふらくは,
やむときもなし[寛],

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました