万葉集3311番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3311番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3311番について

歌番号

3311番

原文

隠来乃|泊瀬小國丹|妻有者|石者履友|猶来々

訓読

隠口の泊瀬小国に妻しあれば石は踏めどもなほし来にけり

かな読み

こもりくの|はつせをぐにに|つましあれば|いしはふめども|なほしきにけり

カタカナ読み

コモリクノ|ハツセヲグニニ|ツマシアレバ|イシハフメドモ|ナホシキニケリ

ローマ字読み|大文字

KOMORIKUNO|HATSUSEOGUNINI|TSUMASHIAREBA|ISHIHAFUMEDOMO|NAHOSHIKINIKERI

ローマ字読み|小文字

komorikuno|hatsuseogunini|tsumashiareba|ishihafumedomo|nahoshikinikeri

左注|左註

右四首

事項|分類・ジャンル

問答|妻問媿|地名|奈良|榛原|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

こもりくの[寛],
はつせをぐにに,[寛]はつせをくにに,
つましあれば,[寛]つましあれは,
いしはふめども,[寛]いしはふめとも,
なほしきにけり,[寛]なほそきにける,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました