万葉集3265番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3265番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3265番について

歌番号

3265番

原文

世間乎|倦迹思而|家出為|吾哉難二加|還而将成

訓読

世の中を憂しと思ひて家出せし我れや何にか還りてならむ

かな読み

よのなかを|うしとおもひて|いへでせし|われやなににか|かへりてならむ

カタカナ読み

ヨノナカヲ|ウシトオモヒテ|イヘデセシ|ワレヤナニニカ|カヘリテナラム

ローマ字読み|大文字

YONONAKAO|USHITOMOHITE|IHEDESESHI|WAREYANANINIKA|KAHERITENARAMU

ローマ字読み|小文字

yononakao|ushitomohite|ihedeseshi|wareyananinika|kaheritenaramu

左注|左註

右三首

事項|分類・ジャンル

相聞|異伝|嘆息

校異

特に無し

寛永版本

よのなかを[寛],
うしとおもひて[寛],
いへでせし,[寛]いへてせし,
われやなににか[寛],
かへりてならむ[寛],

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました