万葉集3332番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3332番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3332番について

歌番号

3332番

原文

高山|与海社者|山随|如此毛現|海随|然真有目|人者<花>物曽|空蝉与人

訓読

高山と|海とこそば|山ながら|かくもうつしく|海ながら|しかまことならめ|人は花ものぞ|うつせみ世人

かな読み

たかやまと|うみとこそば|やまながら|かくもうつしく|うみながら|しかまことならめ|ひとははなものぞ|うつせみよひと

カタカナ読み

タカヤマト|ウミトコソバ|ヤマナガラ|カクモウツシク|ウミナガラ|シカマコトナラメ|ヒトハハナモノゾ|ウツセミヨヒト

ローマ字読み|大文字

TAKAYAMATO|UMITOKOSOBA|YAMANAGARA|KAKUMOTSUSHIKU|UMINAGARA|SHIKAMAKOTONARAME|HITOHAHANAMONOZO|UTSUSEMIYOHITO

ローマ字読み|小文字

takayamato|umitokosoba|yamanagara|kakumotsushiku|uminagara|shikamakotonarame|hitohahanamonozo|utsusemiyohito

左注|左註

右三首

事項|分類・ジャンル

挽歌|歌謡|無常

校異

宛->花【元】【天】【類】

寛永版本

たかやまと[寛],
うみとこそば,[寛]うみこそは,
やまながら,[寛]やまのまに,
かくもうつしく,[寛]かくもうつなひ,
うみながら,[寛]うみのまに,
しかまことならめ,[寛]しかすなをならめ,
ひとははなものぞ,[寛]ひとはあたものそ,
うつせみよひと,[寛]うつせみのよひと,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました