万葉集3248番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3248番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3248番について

歌番号

3248番

原文

式嶋之|山跡之土丹|人多|満而雖有|藤浪乃|思纒|若草乃|思就西|君<目>二|戀八将明|長此夜乎

訓読

磯城島の|大和の国に|人さはに|満ちてあれども|藤波の|思ひまつはり|若草の|思ひつきにし|君が目に|恋ひや明かさむ|長きこの夜を

かな読み

しきしまの|やまとのくにに|ひとさはに|みちてあれども|ふぢなみの|おもひまつはり|わかくさの|おもひつきにし|きみがめに|こひやあかさむ|ながきこのよを

カタカナ読み

シキシマノ|ヤマトノクニニ|ヒトサハニ|ミチテアレドモ|フヂナミノ|オモヒマツハリ|ワカクサノ|オモヒツキニシ|キミガメニ|コヒヤアカサム|ナガキコノヨヲ

ローマ字読み|大文字

SHIKISHIMANO|YAMATONOKUNINI|HITOSAHANI|MICHITEAREDOMO|FUJINAMINO|OMOHIMATSUHARI|WAKAKUSANO|OMOHITSUKINISHI|KIMIGAMENI|KOHIYAAKASAMU|NAGAKIKONOYO

ローマ字読み|小文字

shikishimano|yamatonokunini|hitosahani|michitearedomo|fujinamino|omohimatsuhari|wakakusano|omohitsukinishi|kimigameni|kohiyaakasamu|nagakikonoyo

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

相聞|女歌|地名|日本|嘆息|恋情

校異

自->目【元】【類】

寛永版本

しきしまの[寛],
やまとのくにに[寛],
ひとさはに[寛],
みちてあれども,[寛]いはみてあれと,
ふぢなみの,[寛]ふちなみの,
おもひまつはり,[寛]おもひまとひし,
わかくさの[寛],
おもひつきにし[寛],
きみがめに,[寛]きみよりに,
こひやあかさむ[寛],
ながきこのよを,[寛]なかきこのよを,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました