万葉集3304番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3304番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3304番について

歌番号

3304番

原文

不聞而|黙然有益乎|何如文|<公>之正香乎|人之告鶴

訓読

聞かずして黙もあらましを何しかも君が直香を人の告げつる

かな読み

きかずして|もだもあらましを|なにしかも|きみがただかを|ひとのつげつる

カタカナ読み

キカズシテ|モダモアラマシヲ|ナニシカモ|キミガタダカヲ|ヒトノツゲツル

ローマ字読み|大文字

KIKAZUSHITE|MODAMOARAMASHIO|NANISHIKAMO|KIMIGATADAKAO|HITONOTSUGETSURU

ローマ字読み|小文字

kikazushite|modamoaramashio|nanishikamo|kimigatadakao|hitonotsugetsuru

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

相聞|女歌|恋情|挽歌

校異

君->公【元】【天】【紀】

寛永版本

きかずして,[寛]きかすして,
もだもあらましを,[寛]もたしあらましを,
なにしかも[寛],
きみがただかを,[寛]きみかまさかを,
ひとのつげつる,[寛]ひとのつけつる,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました