万葉集3222番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3222番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3222番について

歌番号

3222番

原文

三諸者|人之守山|本邊者|馬酔木花開|末邊方|椿花開|浦妙|山曽|泣兒守山

訓読

みもろは|人の守る山|本辺は|馬酔木花咲き|末辺は|椿花咲く|うらぐはし山ぞ|泣く子守る山

かな読み

みもろは|ひとのもるやま|もとへは|あしびはなさき|すゑへは|つばきはなさく|うらぐはしやまぞ|なくこもるやま

カタカナ読み

ミモロハ|ヒトノモルヤマ|モトヘハ|アシビハナサキ|スヱヘハ|ツバキハナサク|ウラグハシヤマゾ|ナクコモルヤマ

ローマ字読み|大文字

MIMOROHA|HITONOMORUYAMA|MOTOHEHA|ASHIBIHANASAKI|SUEHEHA|TSUBAKIHANASAKU|URAGUHASHIYAMAZO|NAKUKOMORUYAMA

ローマ字読み|小文字

mimoroha|hitonomoruyama|motoheha|ashibihanasaki|sueheha|tsubakihanasaku|uraguhashiyamazo|nakukomoruyama

左注|左註

右一首

事項|分類・ジャンル

雑歌|植物|山讃美|神山|三輪山|明日香|地名

校異

特に無し

寛永版本

みもろは,[寛]みむろは,
ひとのもるやま[寛],
もとへは,[寛]もとへには,
あしびはなさき,[寛]つつしはなさき,
すゑへは,[寛]すゑへには,
つばきはなさく,[寛]つはきはなさく,
うらぐはしやまぞ,[寛]うらくはしやまそ,
なくこもるやま[寛],

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました