万葉集3237番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3237番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3237番について

歌番号

3237番

原文

緑丹吉|平山過而|物部之|氏川渡|未通女等尓|相坂山丹|手向草|絲取置而|我妹子尓|相海之海之|奥浪|来因濱邊乎|久礼々々登|獨<曽>我来|妹之目乎欲

訓読

あをによし|奈良山過ぎて|もののふの|宇治川渡り|娘子らに|逢坂山に|手向け草|幣取り置きて|我妹子に|近江の海の|沖つ波|来寄る浜辺を|くれくれと|ひとりぞ我が来る|妹が目を欲り

かな読み

あをによし|ならやますぎて|もののふの|うぢかはわたり|をとめらに|あふさかやまに|たむけくさ|ぬさとりおきて|わぎもこに|あふみのうみの|おきつなみ|きよるはまへを|くれくれと|ひとりぞわがくる|いもがめをほり

カタカナ読み

アヲニヨシ|ナラヤマスギテ|モノノフノ|ウヂカハワタリ|ヲトメラニ|アフサカヤマニ|タムケクサ|ヌサトリオキテ|ワギモコニ|アフミノウミノ|オキツナミ|キヨルハマヘヲ|クレクレト|ヒトリゾワガクル|イモガメヲホリ

ローマ字読み|大文字

AONIYOSHI|NARAYAMASUGITE|MONONOFUNO|UJIKAHAWATARI|OTOMERANI|AFUSAKAYAMANI|TAMUKEKUSA|NUSATORIOKITE|WAGIMOKONI|AFUMINOMINO|OKITSUNAMI|KIYORUHAMAHEO|KUREKURETO|HITORIZOWAGAKURU|IMOGAMEOHORI

ローマ字読み|小文字

aoniyoshi|narayamasugite|mononofuno|ujikahawatari|otomerani|afusakayamani|tamukekusa|nusatoriokite|wagimokoni|afuminomino|okitsunami|kiyoruhamaheo|kurekureto|hitorizowagakuru|imogameohori

左注|左註

右三首

事項|分類・ジャンル

雑歌|異伝|枕詞|地名|奈良|京都|羈旅|滋賀|琵琶湖|望郷

校異

丹【元】【天】(塙)青|雷->曽【元】【天】【紀】

寛永版本

あをによし[寛],
ならやますぎて,[寛]ならやますきて,
もののふの[寛],
うぢかはわたり,[寛]うちかはわたり,
をとめらに[寛],
あふさかやまに[寛],
たむけくさ[寛],
ぬさとりおきて,[寛]いとりおきつつ,
わぎもこに,[寛]わきもこに,
あふみのうみの[寛],
おきつなみ[寛],
きよるはまへを[寛],
くれくれと[寛],
ひとりぞわがくる,[寛]ひとりそわかくる,
いもがめをほり,[寛]いもかめをほり,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました