万葉集3247番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3247番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3247番について

歌番号

3247番

原文

沼名河之|底奈流玉|求而|得之玉可毛|拾而|得之玉可毛|安多良思吉|君之|老落惜毛

訓読

沼名川の|底なる玉|求めて|得し玉かも|拾ひて|得し玉かも|あたらしき|君が|老ゆらく惜しも

かな読み

ぬながはの|そこなるたま|もとめて|えしたまかも|ひりひて|えしたまかも|あたらしき|きみが|おゆらくをしも

カタカナ読み

ヌナガハノ|ソコナルタマ|モトメテ|エシタマカモ|ヒリヒテ|エシタマカモ|アタラシキ|キミガ|オユラクヲシモ

ローマ字読み|大文字

NUNAGAHANO|SOKONARUTAMA|MOTOMETE|ESHITAMAKAMO|HIRIHITE|ESHITAMAKAMO|ATARASHIKI|KIMIGA|OYURAKUOSHIMO

ローマ字読み|小文字

nunagahano|sokonarutama|motomete|eshitamakamo|hirihite|eshitamakamo|atarashiki|kimiga|oyurakuoshimo

左注|左註

右一首

事項|分類・ジャンル

雑歌|地名|新潟|姫川|序詞|寿歌|老

校異

特に無し

寛永版本

ぬながはの,[寛]ぬなかはの,
そこなるたま,[寛]そこなるたまは,
もとめて,[寛]もとめつつ,
えしたまかも,[寛]えてしたまかも,
ひりひて,[寛]ひろひつつ,
えしたまかも,[寛]えてしたまかも,
あたらしき[寛],
きみが,[寛]きみか,
おゆらくをしも,[寛]おいらくをしも,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました