万葉集3259番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3259番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3259番について

歌番号

3259番

原文

如是耳師|相不思有者|天雲之|外衣君者|可有々来

訓読

かくのみし相思はずあらば天雲の外にぞ君はあるべくありける

かな読み

かくのみし|あひおもはずあらば|あまくもの|よそにぞきみは|あるべくありける

カタカナ読み

カクノミシ|アヒオモハズアラバ|アマクモノ|ヨソニゾキミハ|アルベクアリケル

ローマ字読み|大文字

KAKUNOMISHI|AHIOMOHAZUARABA|AMAKUMONO|YOSONIZOKIMIHA|ARUBEKUARIKERU

ローマ字読み|小文字

kakunomishi|ahiomohazuaraba|amakumono|yosonizokimiha|arubekuarikeru

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

相聞|枕詞|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

かくのみし[寛],
あひおもはずあらば,[寛]あひおもはさらは,
あまくもの[寛],
よそにぞきみは,[寛]よそにそきみは,
あるべくありける,[寛]あるへかりける,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました