万葉集3269番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3269番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3269番について

歌番号

3269番

原文

還尓之|人乎念等|野干玉之|彼夜者吾毛|宿毛寐金<手>寸

訓読

帰りにし人を思ふとぬばたまのその夜は我れも寐も寝かねてき

かな読み

かへりにし|ひとをおもふと|ぬばたまの|そのよはわれも|いもねかねてき

カタカナ読み

カヘリニシ|ヒトヲオモフト|ヌバタマノ|ソノヨハワレモ|イモネカネテキ

ローマ字読み|大文字

KAHERINISHI|HITOOMOFUTO|NUBATAMANO|SONOYOHAWAREMO|IMONEKANETEKI

ローマ字読み|小文字

kaherinishi|hitoomofuto|nubatamano|sonoyohawaremo|imonekaneteki

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

相聞|枕詞|恋情|女歌

校異

手【西(上書訂正)】【元】【天】【紀】

寛永版本

かへりにし[寛],
ひとをおもふと[寛],
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
そのよはわれも[寛],
いもねかねてき[寛],

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました