万葉集3306番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3306番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3306番について

歌番号

3306番

原文

何為而|戀止物序|天地乃|神乎祷迹|吾八思益

訓読

いかにして恋やむものぞ天地の神を祈れど我れは思ひ増す

かな読み

いかにして|こひやむものぞ|あめつちの|かみをいのれど|われはおもひます

カタカナ読み

イカニシテ|コヒヤムモノゾ|アメツチノ|カミヲイノレド|ワレハオモヒマス

ローマ字読み|大文字

IKANISHITE|KOHIYAMUMONOZO|AMETSUCHINO|KAMIOINOREDO|WAREHAOMOHIMASU

ローマ字読み|小文字

ikanishite|kohiyamumonozo|ametsuchino|kamioinoredo|warehaomohimasu

左注|左註

右五首

事項|分類・ジャンル

問答|恋情|歌垣

校異

特に無し

寛永版本

いかにして[寛],
こひやむものぞ,[寛]こひやむものそ,
あめつちの[寛],
かみをいのれど,[寛]かみをいのれと,
われはおもひます,[寛]われやおもはまし,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました