万葉集3262番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3262番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3262番について

歌番号

3262番

原文

ゐ垣|久時従|戀為者|吾帶緩|朝夕毎

訓読

瑞垣の久しき時ゆ恋すれば我が帯緩ふ朝宵ごとに

かな読み

みづかきの|ひさしきときゆ|こひすれば|わがおびゆるふ|あさよひごとに

カタカナ読み

ミヅカキノ|ヒサシキトキユ|コヒスレバ|ワガオビユルフ|アサヨヒゴトニ

ローマ字読み|大文字

MIZUKAKINO|HISASHIKITOKIYU|KOHISUREBA|WAGAOBIYURUFU|ASAYOHIGOTONI

ローマ字読み|小文字

mizukakino|hisashikitokiyu|kohisureba|wagaobiyurufu|asayohigotoni

左注|左註

右三首

事項|分類・ジャンル

相聞|異伝|枕詞|恋情|遊仙窟|中国文学

校異

特に無し

寛永版本

みづかきの,[寛]みつかきの,
ひさしきときゆ,[寛]ひさしきよより,
こひすれば,[寛]こひすれは,
わがおびゆるふ,[寛]わかおひゆるふ,
あさよひごとに,[寛]あさゆふことに,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました