万葉集3307番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3307番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3307番について

歌番号

3307番

原文

然有社|<年>乃八歳S|鑚髪乃|吾同子S過|橘|末枝乎過而|此河能|下<文>長|汝情待

訓読

しかれこそ|年の八年を|切り髪の|よち子を過ぎ|橘の|ほつ枝を過ぎて|この川の|下にも長く|汝が心待て

かな読み

しかれこそ|としのやとせを|きりかみの|よちこをすぎ|たちばなの|ほつえをすぎて|このかはの|したにもながく|ながこころまて

カタカナ読み

シカレコソ|トシノヤトセヲ|キリカミノ|ヨチコヲスギ|タチバナノ|ホツエヲスギテ|コノカハノ|シタニモナガク|ナガココロマテ

ローマ字読み|大文字

SHIKAREKOSO|TOSHINOYATOSEO|KIRIKAMINO|YOCHIKOSUGI|TACHIBANANO|HOTSUEOSUGITE|KONOKAHANO|SHITANIMONAGAKU|NAGAKOKOROMATE

ローマ字読み|小文字

shikarekoso|toshinoyatoseo|kirikamino|yochikosugi|tachibanano|hotsueosugite|konokahano|shitanimonagaku|nagakokoromate

左注|左註

右五首

事項|分類・ジャンル

問答|恋情|女歌|序詞

校異

羊->年【元】【天】【類】|父->文【元】【天】【紀】

寛永版本

しかれこそ,[寛]しかあれこそ,
としのやとせを[寛],
きりかみの,[寛]きるかみの,
よちこをすぎ,[寛]わかみをすきて,
たちばなの,[寛]たちはなの,
ほつえをすぎて,[寛]ほつえをすきて,
このかはの[寛],
したにもながく,[寛]したにもなかく,
ながこころまて,[寛]なかこころまて,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました