万葉集3328番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3328番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3328番について

歌番号

3328番

原文

衣袖|大分青馬之|嘶音|情有鳧|常従異鳴

訓読

衣手葦毛の馬のいなく声心あれかも常ゆ異に鳴く

かな読み

ころもで|あしげのうまの|いなくこゑ|こころあれかも|つねゆけになく

カタカナ読み

コロモデ|アシゲノウマノ|イナクコヱ|ココロアレカモ|ツネユケニナク

ローマ字読み|大文字

KOROMODE|ASHIGENOMANO|INAKUKOE|KOKOROAREKAMO|TSUNEYUKENINAKU

ローマ字読み|小文字

koromode|ashigenomano|inakukoe|kokoroarekamo|tsuneyukeninaku

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

挽歌|枕詞|動物|皇子挽歌

校異

特に無し

寛永版本

ころもで,[寛]ころもての,
あしげのうまの,[寛]あしけのうまの,
いなくこゑ,[寛]なくこえも,
こころあれかも,[寛]こころあるかも,
つねゆけになく,[寛]つねにけになく,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました