万葉集3241番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3241番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3241番について

歌番号

3241番

原文

天地乎|<歎>乞祷|幸有者|又<反>見|思我能韓埼

訓読

天地を嘆き祈ひ祷み幸くあらばまたかへり見む志賀の唐崎

かな読み

あめつちを|なげきこひのみ|さきくあらば|またかへりみむ|しがのからさき

カタカナ読み

アメツチヲ|ナゲキコヒノミ|サキクアラバ|マタカヘリミム|シガノカラサキ

ローマ字読み|大文字

AMETSUCHIO|NAGEKIKOHINOMI|SAKIKUARABA|MATAKAHERIMIMU|SHIGANOKARASAKI

ローマ字読み|小文字

ametsuchio|nagekikohinomi|sakikuaraba|matakaherimimu|shiganokarasaki

左注|左註

右二首|但此短歌者|或書云穂積朝臣老配於佐渡之時作歌者也

事項|分類・ジャンル

雑歌|地名|滋賀|羈旅|手向醎|穂積老

校異

難->歎【万葉考】|->反【西(右書)】【元】【天】【類】|者【西(朱書消去)】

寛永版本

あめつちを[寛],
なげきこひのみ,[寛]こひねきかたし,
さきくあらば,[寛]さきくあらは,
またかへりみむ[寛],
しがのからさき,[寛]しかのからさき,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました