万葉集3299S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3299S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3299S番について

歌番号

3299異伝歌番

原文

己母理久乃|波都世乃加波乃|乎知可多尓|伊母良波多々志|己乃加多尓|和礼波多知弖

訓読

こもりくの|泊瀬の川の|彼方に|妹らは立たし|この方に|我れは立ちて

かな読み

こもりくの|はつせのかはの|をちかたに|いもらはたたし|このかたに|われはたちて

カタカナ読み

コモリクノ|ハツセノカハノ|ヲチカタニ|イモラハタタシ|コノカタニ|ワレハタチテ

ローマ字読み|大文字

KOMORIKUNO|HATSUSENOKAHANO|OCHIKATANI|IMORAHATATASHI|KONOKATANI|WAREHATACHITE

ローマ字読み|小文字

komorikuno|hatsusenokahano|ochikatani|imorahatatashi|konokatani|warehatachite

左注|左註

右一首

事項|分類・ジャンル

相聞|地名|桜井|奈良|異伝

校異

特に無し

寛永版本

こもりくの[寛],
はつせのかはの[寛],
をちかたに[寛],
いもらはたたし[寛],
このかたに[寛],
われはたちて[寛],

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました