万葉集3273番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3273番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3273番について

歌番号

3273番

原文

二無|戀乎思為者|常帶乎|三重可結|我身者成

訓読

二つなき恋をしすれば常の帯を三重結ぶべく我が身はなりぬ

かな読み

ふたつなき|こひをしすれば|つねのおびを|みへむすぶべく|あがみはなりぬ

カタカナ読み

フタツナキ|コヒヲシスレバ|ツネノオビヲ|ミヘムスブベク|アガミハナリヌ

ローマ字読み|大文字

FUTATSUNAKI|KOHIOSHISUREBA|TSUNENOBIO|MIHEMUSUBUBEKU|AGAMIHANARINU

ローマ字読み|小文字

futatsunaki|kohioshisureba|tsunenobio|mihemusububeku|agamihanarinu

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|失恋|遊仙窟

校異

特に無し

寛永版本

ふたつなき,[寛]ふたなみに,
こひをしすれば,[寛]こひをしすれは,
つねのおびを,[寛]つねのおひを,
みへむすぶべく,[寛]みへにゆふへく,
あがみはなりぬ,[寛]わかみはなりぬ,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました