万葉集3333番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3333番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3333番について

歌番号

3333番

原文

王之|御命恐|秋津嶋|倭雄過而|大伴之|御津之濱邊従|大舟尓|真梶繁貫|旦名伎尓|水<手>之音為乍|夕名寸尓|梶音為乍|行師君|何時来座登|<大>卜置而|齋度尓|<狂>言哉|人之言釣|我心|盡之山之|黄葉之|散過去常|公之正香乎

訓読

大君の|命畏み|蜻蛉島|大和を過ぎて|大伴の|御津の浜辺ゆ|大船に|真楫しじ貫き|朝なぎに|水手の声しつつ|夕なぎに|楫の音しつつ|行きし君|いつ来まさむと|占置きて|斎ひわたるに|たはことか|人の言ひつる|我が心|筑紫の山の|黄葉の|散りて過ぎぬと|君が直香を

かな読み

おほきみの|みことかしこみ|あきづしま|やまとをすぎて|おほともの|みつのはまへゆ|おほぶねに|まかぢしじぬき|あさなぎに|かこのこゑしつつ|ゆふなぎに|かぢのおとしつつ|ゆきしきみ|いつきまさむと|うらおきて|いはひわたるに|たはことか|ひとのいひつる|あがこころ|つくしのやまの|もみちばの|ちりてすぎぬと|きみがただかを

カタカナ読み

オホキミノ|ミコトカシコミ|アキヅシマ|ヤマトヲスギテ|オホトモノ|ミツノハマヘユ|オホブネニ|マカヂシジヌキ|アサナギニ|カコノコヱシツツ|ユフナギニ|カヂノオトシツツ|ユキシキミ|イツキマサムト|ウラオキテ|イハヒワタルニ|タハコトカ|ヒトノイヒツル|アガココロ|ツクシノヤマノ|モミチバノ|チリテスギヌト|キミガタダカヲ

ローマ字読み|大文字

OHOKIMINO|MIKOTOKASHIKOMI|AKIZUSHIMA|YAMATOSUGITE|OHOTOMONO|MITSUNOHAMAHEYU|OHOBUNENI|MAKAJISHIJINUKI|ASANAGINI|KAKONOKOESHITSUTSU|YUFUNAGINI|KAJINOTOSHITSUTSU|YUKISHIKIMI|ITSUKIMASAMUTO|URAOKITE|IHAHIWATARUNI|TAHAKOTOKA|HITONOIHITSURU|AGAKOKORO|TSUKUSHINOYAMANO|MOMICHIBANO|CHIRITESUGINUTO|KIMIGATADAKAO

ローマ字読み|小文字

ohokimino|mikotokashikomi|akizushima|yamatosugite|ohotomono|mitsunohamaheyu|ohobuneni|makajishijinuki|asanagini|kakonokoeshitsutsu|yufunagini|kajinotoshitsutsu|yukishikimi|itsukimasamuto|uraokite|ihahiwataruni|tahakotoka|hitonoihitsuru|agakokoro|tsukushinoyamano|momichibano|chiritesuginuto|kimigatadakao

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

挽歌|女歌|地名|奈良|大阪|福岡|羈旅|道行翮|行旅死|枕詞

校異

干->手|大夕->大【元】【類】|抂->狂【天】【温】

寛永版本

おほきみの[寛],
みことかしこみ[寛],
あきづしま,[寛]あきつしま,
やまとをすぎて,[寛]やまとをすきて,
おほともの[寛],
みつのはまへゆ[寛],
おほぶねに,[寛]おほふねに,
まかぢしじぬき,[寛]まかちししぬき,
あさなぎに,[寛]あさなきに,
かこのこゑしつつ,[寛]かこのおとしつつ,
ゆふなぎに,[寛]ゆふなきに,
かぢのおとしつつ,[寛]かねのおとしつつ,
ゆきしきみ[寛],
いつきまさむと[寛],
うらおきて,[寛]おほゆふけおきて,
いはひわたるに[寛],
たはことか,[寛]まかことや,
ひとのいひつる[寛],
あがこころ,[寛]わかこころ,
つくしのやまの[寛],
もみちばの,[寛]もみちはの,
ちりてすぎぬと,[寛]ちりてすきぬと,
きみがただかを,[寛]きみかまさかを,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました