万葉集3337番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3337番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3337番について

歌番号

3337番

原文

母父毛|妻毛子等毛|高々二|来跡<待>異六|人之悲<紗>

訓読

母父も妻も子どもも高々に来むと待ちけむ人の悲しさ

かな読み

おもちちも|つまもこどもも|たかたかに|こむとまちけむ|ひとのかなしさ

カタカナ読み

オモチチモ|ツマモコドモモ|タカタカニ|コムトマチケム|ヒトノカナシサ

ローマ字読み|大文字

OMOCHICHIMO|TSUMAMOKODOMOMO|TAKATAKANI|KOMUTOMACHIKEMU|HITONOKANASHISA

ローマ字読み|小文字

omochichimo|tsumamokodomomo|takatakani|komutomachikemu|hitonokanashisa

左注|左註

右九首

事項|分類・ジャンル

挽歌|行路死人|鎮魂

校異

待【西(上書訂正)】【元】【天】【類】|沙->紗【元】【天】【類】

寛永版本

おもちちも,[寛]ははちちも,
つまもこどもも,[寛]つまもこともも,
たかたかに[寛],
こむとまちけむ[寛],
ひとのかなしさ[寛],

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました