万葉集3238番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3238番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3238番について

歌番号

3238番

原文

相坂乎|打出而見者|淡海之海|白木綿花尓|浪立渡

訓読

逢坂をうち出でて見れば近江の海白木綿花に波立ちわたる

かな読み

あふさかを|うちいでてみれば|あふみのうみ|しらゆふばなに|なみたちわたる

カタカナ読み

アフサカヲ|ウチイデテミレバ|アフミノウミ|シラユフバナニ|ナミタチワタル

ローマ字読み|大文字

AFUSAKAO|UCHIIDETEMIREBA|AFUMINOMI|SHIRAYUFUBANANI|NAMITACHIWATARU

ローマ字読み|小文字

afusakao|uchiidetemireba|afuminomi|shirayufubanani|namitachiwataru

左注|左註

右三首

事項|分類・ジャンル

雑歌|京都|滋賀|琵琶湖|地名|羈旅|土地讃美|叙景

校異

特に無し

寛永版本

あふさかを[寛],
うちいでてみれば,[寛]うちいててみれは,
あふみのうみ[寛],
しらゆふばなに,[寛]しらゆふはなに,
なみたちわたる[寛],

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました