万葉集3297番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3297番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3297番について

歌番号

3297番

原文

玉田次|不懸時無|吾念|妹西不會波|赤根刺|日者之弥良尓|烏玉之|夜者酢辛二|眠不睡尓|妹戀丹|生流為便無

訓読

玉たすき|懸けぬ時なく|我が思ふ|妹にし逢はねば|あかねさす|昼はしみらに|ぬばたまの|夜はすがらに|寐も寝ずに|妹に恋ふるに|生けるすべなし

かな読み

たまたすき|かけぬときなく|あがおもふ|いもにしあはねば|あかねさす|ひるはしみらに|ぬばたまの|よるはすがらに|いもねずに|いもにこふるに|いけるすべなし

カタカナ読み

タマタスキ|カケヌトキナク|アガオモフ|イモニシアハネバ|アカネサス|ヒルハシミラニ|ヌバタマノ|ヨルハスガラニ|イモネズニ|イモニコフルニ|イケルスベナシ

ローマ字読み|大文字

TAMATASUKI|KAKENUTOKINAKU|AGAOMOFU|IMONISHIAHANEBA|AKANESASU|HIRUHASHIMIRANI|NUBATAMANO|YORUHASUGARANI|IMONEZUNI|IMONIKOFURUNI|IKERUSUBENASHI

ローマ字読み|小文字

tamatasuki|kakenutokinaku|agaomofu|imonishiahaneba|akanesasu|hiruhashimirani|nubatamano|yoruhasugarani|imonezuni|imonikofuruni|ikerusubenashi

左注|左註

右二首

事項|分類・ジャンル

相聞|枕詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

たまたすき[寛],
かけぬときなく[寛],
あがおもふ,[寛]わかおもふ,
いもにしあはねば,[寛]いもにしあはねは,
あかねさす[寛],
ひるはしみらに[寛],
ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
よるはすがらに,[寛]よるはすからに,
いもねずに,[寛]いもねすに,
いもにこふるに,[寛]いもをこふるに,
いけるすべなし,[寛]いけるすへなみ,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました