万葉集3345番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3345番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3345番について

歌番号

3345番

原文

葦邊徃|鴈之翅乎|見別|<公>之佩具之|投箭之所思

訓読

葦辺行く雁の翼を見るごとに君が帯ばしし投矢し思ほゆ

かな読み

あしへゆく|かりのつばさを|みるごとに|きみがおばしし|なげやしおもほゆ

カタカナ読み

アシヘユク|カリノツバサヲ|ミルゴトニ|キミガオバシシ|ナゲヤシオモホユ

ローマ字読み|大文字

ASHIHEYUKU|KARINOTSUBASAO|MIRUGOTONI|KIMIGAOBASHISHI|NAGEYASHIOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

ashiheyuku|karinotsubasao|mirugotoni|kimigaobashishi|nageyashiomohoyu

左注|左註

右二首|但或云|此短歌者<防>人之妻所作也|然則應知長歌亦此同作焉

事項|分類・ジャンル

挽歌|動物|女歌|悲別|防人妻

校異

君->公【元】【天】【類】|防【西(上書訂正)】【元】【天】【紀】

寛永版本

あしへゆく[寛],
かりのつばさを,[寛]かりのつはさを,
みるごとに,[寛]みわかれて,
きみがおばしし,[寛]きみかおひこし,
なげやしおもほゆ,[寛]なくやしそおもふ,

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました