万葉集3282番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3282番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3282番について

歌番号

3282番

原文

衣袖丹|山下吹而|寒夜乎|君不来者|獨鴨寐

訓読

衣手にあらしの吹きて寒き夜を君来まさずはひとりかも寝む

かな読み

ころもでに|あらしのふきて|さむきよを|きみきまさずは|ひとりかもねむ

カタカナ読み

コロモデニ|アラシノフキテ|サムキヨヲ|キミキマサズハ|ヒトリカモネム

ローマ字読み|大文字

KOROMODENI|ARASHINOFUKITE|SAMUKIYO|KIMIKIMASAZUHA|HITORIKAMONEMU

ローマ字読み|小文字

koromodeni|arashinofukite|samukiyo|kimikimasazuha|hitorikamonemu

左注|左註

右四首

事項|分類・ジャンル

相聞|女歌|恋情|孤独

校異

特に無し

寛永版本

ころもでに,[寛]ころもてに,
あらしのふきて,[寛]やまおろしふきて,
さむきよを[寛],
きみきまさずは,[寛]きみきまさすは,
ひとりかもねむ[寛],

巻数

第13巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました